音羽川桜堤スケッチ 

音羽川の作詞をしたのは去年の秋、 春はのんびりこの季節 今年初めての桜を楽しむために御油町地内を流れるこの川に見事な桜堤がありますのでぶらりと歩いてみました。

この川の桜堤は 同じ市内の佐奈川と比べて蛇行していること 護岸が整備し尽くされていない部分があり それが幸いして自然の美しさを味わえるのではないかと思います。佐奈川は人工的に作られた川と聞いていますので 普通に直線的になってしまうのは仕方がないことなので 音羽川のほうが変化があるのは至極当たり前のことですね。佐奈川のまかれている菜の花も人為的に咲かせてあることもやや抵抗があるといったら
言い過ぎでしょうか。
あまり整備され 修景としてわざとらしさを感じると 趣も減ってしまうものです。
音羽川の国府町付近ではカワセミが運がいいと見かけることがあるそうです。


ここでは川岸に生える葦の群落も絵的には点景として効果的な存在です。
土手の緑ばかりでは画も退屈になりやすい。
もっとも 描く側の技量がそれを表現するにいたらないということは残念です。
電信柱のような黒い垂直の線は 携帯電話の中継塔で 普通は省いてしまいますが 川面の穏やかな表情をだすためにあえて描いてみました。

御油の桜堤   水彩 パステル
e0275537_09514590.jpg
 






カメラスケッチ
e0275537_1514229.jpg

e0275537_1514326.jpg
e0275537_1515989.jpg
















.
[PR]
by zou337 | 2014-04-05 15:05 | スケッチ紀行 | Comments(0)
<< 君の夢はなんですか 続春の味・・・・・山菜サラダ >>