my life

建築設計の道に志したのは 中学生の時でした。
家に帰ると 方眼紙に自邸と称してプランを練っていた時期もありました。

遠くからながめれば竹藪と椎木でうっそうとしているような集落に育ったせいか牧歌的な家が好きでした。
ときどき 当時の住宅会社の営業マンが持ってくる小冊子には都会の小洒落た家の写真が多く紹介されていましたが あまりそういう家にあこがれを持つようなことはありませんでした。

高専時代は 民家が好きで信州によくでかけていました。とりわけ木曽地方や伊那谷の民家に魅かれものです。
山岳部に所属し 長野方面や鈴鹿山系に通い 自然の中で遊ぶ楽しさを覚えたのもこの頃でした。

クラスで設計事務所に就職するのは自分だけで なんとなく他の友人との距離を感じていました。
雑誌でみた気に入った建築設計事務所に手紙を出し 京都で面接をし、誕生日に一緒に働こうと書いた葉書が届いたのがとても嬉しかった記憶があります。
高度成長の真っただ中で クラスの大半はゼネコンや一般企業に就職しましたが あえて小さなアトリエ的な事務所に自分の未来を託したのは私だけでした。ある意味 別の価値観から考えたら世間知らずだったかもしれません。

アトリエ的な事務所に育まれて 実務とデザインを学び 30歳を前にして独立しました。
まだ子供も幼く 不安だらけの出発でした。妻の父親が後年 そのことを一緒に昼ごはんを食べたとき ぽつんと言葉にしました。


200近い様々な仕事と またクライアントとの関係の中でいろいろなことを教わりながら 今日にいたっています。
物をつくる--形や空間 機能--楽しさと厳しさとを経験しながらも 何が大切なことなのか ということを探っています。いくつになってもこういう姿勢は こういう仕事にはつきものです。

趣味は 社会人になって更に登山に親しみ 3000mを超す山は踏破したのを区切りにしてしばらくお休み。山という自然は 渓流釣りや高山植物めぐり 山菜の知識を自分にもたらした。スケッチもいろいろで釣りやドライブ 旅行の徒然に楽しんでいます。浅く広く・・・といったところですが何が自分に合っているのか 夢中になれるものがあれば
たとえ短い期間だったとしてもその時間を大切にしています。

最近 アングラーになろうとロッドを買いました。餌なしで魚と向き合うのが楽しい・・・・のです。





e0275537_8301953.jpg


e0275537_15354129.jpg


e0275537_2327297.jpg


e0275537_054268.jpg


e0275537_065370.jpg


e0275537_0151324.jpg


e0275537_15585467.jpg









.
[PR]
by zou337 | 2017-12-26 23:24 | はじめに | Comments(0)
 プロフィール >>