山の日の歌 2

山の日の歌


梅雨明けのニュースが届いたよ
なにかわくわく体が熱い
ブナや白樺の木漏れ日が
迎えてくれる森の中
地図を広げればもう山の上

お休み続きだ さあ出かけよう
お山の天気は快晴だ
緑あふれるあの山へ
小鳥さえずる尾根の道
ゆっくりゆっくり登ろうよ

森の大地の岩清水はね
町にはないよごちそうだ
お花畑の沢の道
疲れも忘れる散歩道
ゆっくりゆっくり歩こうね

稜線歩きは風に吹かれて
のんびりのんびり歩こうよ
いつか行きたいあの頂に
想いは尽きぬ山小屋の
外に出れば星が降るよ
[PR]
by zou337 | 2015-09-28 07:59 | 作詩の記録 | Comments(0)
<< ふるさと公園の彩 豊橋 郷土文芸にて >>