「ほっ」と。キャンペーン

私のデザイン

最近 自分のデザインについて気がついたことがありました。
設計者というのは 素材とか形のバランス配分という内容でいいろいろと試行錯誤するわけですが
自分がどうしているかというと ちょうど 風景のスケッチを描く際に 色彩の配分をとするかとか構図をどう考えていくか そういうことを意識にしていることとかわらないなあということでした。

高尚なデザイン思想というものは持ち合わせる能力はないものの 日頃これまで培ってきたスケッチという行為が知らずうちに建築のデザインに「貢献」しているようにも感じています。

それがいい方向で作用しているかどうかは 人様の目に評価にゆだねるしかありませんが 自分ではこれが「らしさ」につながるものだろうと思います。

単調なシンプルな素材とか形があった場合 退屈しないように・・・飽きが来ないように・・・・そのデザインが
軽薄にならないように・・・・「いやらしくない」形と素材を選択していくのはそれ相応の経験が必要だと思います。

常々 スケッチをするにしても カメラのレンズの向うの景色を見るにしてもなにかしらの意図が大切なわけですが ある程度のこれまでの蓄積は無駄になっていないと思うようになりました。



初秋の週末 残暑の日差しを避けて・・・・・・ふと思うこの日の昼下がりなのでした・・・・。

e0275537_11141594.jpg
[PR]
by zou337 | 2016-10-08 11:14 | 暮らしと共に | Comments(0)
<< 白山スーパー林道 my life >>