カテゴリ:二世帯住宅( 1 )

川に面した開放的な敷地でのびのびと--2世帯住宅

2010年
K様からの二度目のお仕事です。
太陽光発電の設置予定という条件がございましたので屋根は片流れとしました。
北側以外周囲は自然と畑が広がる立地なので申し分ありません。

外部空間は無駄なく使用できる工夫にこころがけています。

入札で思い切った金額で落札したとはいへ 気持ちよく 最後まできちんと仕事をしてくれた建設会社の尽力はとてもありがたく思いました。
工事する側で質の維持は重要であり 監理しているとはいえ双方の歯車がかみ合わないといい方向に行かないものです。

木造二階建て  述べ床面積 220㎡
屋根---ガルバリウム鋼板縦平葺き 片流れ
外壁---ガルバリウム鋼板角波+左官塗+吹き付け仕上げ
内装---床 無垢フローリング ア15 床煖房 壁--珪藻土塗 天井--杉板 EP他
設備---システムバス/TOTO  床煖房/灯油焚き
   システムキッチン/サンウエーブ  エコキュート--三菱
施工 ㈱丸中建設   
 
二世帯住宅の課題としては 親と子の生活で何を共有するかということです。
浴室 玄関 トイレ 家族によってご意見も変わりますが よくお互いに話あってもらいます。
ここでは 厨房 居間 食事室を別にしてあります。親専用の玄関はわずかではありますが
用意することにしました。
立地が川に沿っての土地 周囲は開放的なので通風は申し分ないです。 
e0275537_8143171.jpg

e0275537_1324645.jpg
e0275537_1333217.jpg


サッシは当初の契約時は単層柄が主でしたが 最近の複層ガラスの普及で逆にコスト高となることがわかりサッシ屋さんのご協力でほとんどのサッシのガラスが複層ガラスとなりました。とてもありがたいことでした。
e0275537_1136113.jpg

2012年夏撮影 生活感もでてまいりました
e0275537_13762.jpg

北西角から 北側の土地利用--カーポートと倉庫/高い塀を壁として利用
e0275537_15473343.jpg


家具が納入前なので さっぱりした室内となっています。
親世帯の居間と厨房 光庭は1間四方で通風に一役かっていて 西風を受け止めてよく風がはいるそうで
クーラーもいらないと喜ばれてました。
格子戸は前の家からの再利用です。青森ヒバで作成した今となっては贅沢な材料かもしれません。親世帯の小玄関に入るとこの格子戸が迎えてくれます。古い家の使える建具は大切にしたいところ。
照明器具はペンダント。高齢者が管理するには容易に手が届きやすいほうが親切と思うからです。
光源はなるべく近いほうが目が疲れにくいということもあります。多くの設計家は照明器具をスポットライトとか
天井埋め込め方式を採用しますが 高齢者にしてみれば光源が近く 管理しやすいほうがいいと思われます。
e0275537_14301914.jpg

子世帯の食事室から居間 客間 東西に広々しています。
e0275537_14302865.jpg

浴室はシステムバスに切り替えましたが洗面・脱衣室は原設計 オーダー家具で造りました。
e0275537_14301010.jpg

[PR]
by zou337 | 2011-04-01 07:52 | 二世帯住宅 | Comments(0)