カテゴリ:別荘 ( 3 )

作手の隠れ家

2010年 新城市作手



三河の高原 作手の山奥に建てられた別荘です。もっと別荘らしくカジュアルで思い切ったデザインもよかったのかなという感想もありますが 斜面を造成し道路を作ってからのでの建設なのでいろいろ検討した結果
平地を作った上に建設としました。厨房と居室をすべて南面としましたので東西敷地いっぱいの建て方となっています。デザインを無理に派手にすることもなく ここはおとなしい意匠としました。

◇木造二階建て 145㎡
◇都市計画区域外 山間部
◇日本瓦葺き 外壁 左官仕上げ 外部開口部/木製ペアガラス+アルミサッシ
◇内装 床/ヒノキフローリングア15 壁/珪藻土塗り仕上 天井/桐フローリングア15 椹板
◇設備 井水 エコキュート/パナソニック 太陽光発電/2012施工 クリナップシステムキッチン


周囲は杉林 強風時に杉が倒れてこないかと心配ですが・・杉の葉が悩みの種です。でもこれを集めて薪ストーブの焚き付けに利用できます。

e0275537_9384724.jpg
e0275537_11202414.jpg

北側から玄関は保安上一本引きの木製戸にしました。
e0275537_11372567.jpg

e0275537_16425624.jpg

南側は緩い斜面になっている 山菜 タラの木が生え始めました
大きな階段は後日作られて 便利になりました。
e0275537_11374919.jpg

竣工当時の外観 
e0275537_13224521.jpg

外部木製戸は複層ガラス お客さんのお知り合いの建具屋さんががんばって作ってくれました。
もちろんレールはステンレスです。床はヒノキで床煖房はエコキュートを利用です。
中庭のデッキを挟んで対面にご主人の趣味の部屋を兼ねた寝室があります。
e0275537_936219.jpg

テーブルは欅の無垢で作りましたがインテリアの都合上渋く黒っぽい色でアクセントになっています。
e0275537_1138131.jpg

玄関です。照明器具の選択に悩みましたが あまり和風ですというデザインのものは嫌なのでモダンなものを。天井は居間同様 桐のフローリングア15を断熱を兼ねて張っています。
e0275537_11382038.jpg

玄関から居間に入る建具はご夫人が持っていらした蔵戸を利用しています。少し加工しましたがなかなか重量感があって存在感抜群です。
e0275537_933248.jpg
e0275537_9335364.jpg

洗面・脱衣室は廊下と浴室の間で外気に面していませんので 廊下と洗面・脱衣室の建具の腰部分は無双格子としました。効果はどれほどのものかはわかりませんが 床部分の通気にはときたいしています。
e0275537_951421.jpg


浴室の腰壁と床は伊豆石としました。伊豆方面の旅館に泊まるとよく見かける素材です。
e0275537_9361197.jpg


ご夫人のお部屋として和室が用意されています。特別に柱 梁を弁柄塗でというご要望で初めて塗ってみました。障子は上半分が可動で杉木立を望めます。
e0275537_9392536.jpg


2012年5月
e0275537_108512.jpg
e0275537_1085578.jpg
e0275537_1091351.jpg

[PR]
by zou337 | 2010-05-11 11:39 | 別荘  | Comments(0)

海辺の丘の家  豊橋

2001年
施工 朝倉工務店

初めて敷地を訪れたのは秋深まった頃でした。広い敷地は充分創造意欲を掻き立てさせてくれると同時にさてどこからまとめていくかとたじろぐこともあります。

コンクリートと木造の混構造という基本的なイメージはお客様からのご要望でした。 当初私は木造を主体とした枠組みのなかに意匠的にコンクリートの打ち放しの壁のある・・・というふうに解釈してました。しかし、丈夫な構造という話になりますと逆な設定をすることが肝要です。もっと時間をかけてよく話をお伺いしておけばよかったなという反省が残りました・・。
一般的には コンクリート構造というと壁式構造かラーメン構造という柱と梁という線的な構造処理との比較になりますが 柱となればかなり太い寸法を覚悟しなければならない、また住宅でこういう形式のディテールを考慮しますと 柱の存在はいささかスケールアウトの感があります。
「壁式コンクリート構造+小屋組は木造」・・という基本的なスタイルと選択するのが自然でしょう。

別荘としてのご要望でしたので シンプルにドラマチックな空間をと力がはいりましたが いずれご家族がここにお住まいになられるやもしれぬという話題になり お父様も現実にここで暮らすかもしれないという条件を想定されると生活動線に便宜性を確保しておいたほうが無難と思われました。
二階には客間が和洋1間ずつ 夫婦寝室それぞれの個室と共有の納戸 さらには 屋根に海をながめるスペースも実現しました。

◇ コンクリート構造+木造小屋組の二階建て住宅 延べ床面積約370㎡
◇ 屋根 ステンレス鋼板 タテヒラ葺き
◇ 外壁 コンクリート打ち放し
◇ 内装 床/ 石タイル 栗フローリングア15他 壁/コンクリート打ち放し+珪藻土塗仕上 天井/本栂フローリング
◇ 設備 床暖房/温水灯油焚き トーヨーシステムキッチン
◇ 施工 ㈱朝倉工務店

e0275537_23334927.jpg

e0275537_11372662.jpg
e0275537_1151447.jpg

e0275537_1213221.jpg

玄関 ギャラリーになっています すばらしい芸術作品の展示室をかねています そのための照明器具が中央に設置されています。
e0275537_12164446.jpg

e0275537_1212334.jpg

e0275537_11535041.jpg
e0275537_11542419.jpg
e0275537_11513680.jpg

ベンチと食事室の椅子をデザインしてつくってみました。ベンチの背の部分の部材は長年我が家で保管していた樫の木を利用しました。食事室の椅子は出入りがしやすいようにアームの出を控えてあります。
e0275537_11514178.jpg
e0275537_1152990.jpg

化粧台と椅子
e0275537_2339070.jpg
浴室です 椅子もデザインさせてくれました。特注の椅子のすわり心地はどうでしようか。やはり気になります。 
壁と床/伊豆石 水に濡れるときれいな深い色合いのグリーンになるので好んで使うことが多いです。産出している伊豆の会社に特別に注文しています。よく似た石は青森産の石がありますが色合いは伊豆石のほうが深みがあるように感じます。
e0275537_11532848.jpg

露天風呂も作りました・・・檜の1000*1800の桶は贅沢なバスタイムを味わえます。
檜の浴槽は肌に優しいんですね。正面の塀に設けた一本引き戸を開ければ視界が開け 遠くの景色が・・・。遠く谷を隔てて農場が見えました。
e0275537_12155615.jpg

露天風呂へのアクセス通路 野趣に富んで・・・造園のYさんが工夫してくれました。
e0275537_23364938.jpg

塀の一部が開閉したところです。逆から見るとこんな具合です。 
e0275537_23372039.jpg
e0275537_23375930.jpg

[PR]
by zou337 | 2003-05-18 11:13 | 別荘  | Comments(0)

黒潮台の家 

女性日本画家の別荘です
当初は フランスの田舎風というご希望がございましたが なにかのきっかけで 日本の民家スタイルということにご希望が変わられて この家となりました。
玄関に入ると土間があり 左に囲炉裏のある和室 奥に寝室の和室と納戸 右に 洗面・脱衣室と浴室 トイレという一階のプランになっています。二階は 天井露わしの客室です。

新築時の外観
e0275537_16255450.jpg

10年後 風格がでてまいりました
e0275537_1334498.jpg

e0275537_18483549.jpg

[PR]
by zou337 | 2001-04-25 13:32 | 別荘  | Comments(0)