カテゴリ:カメラ片手に( 17 )

ふるさと公園の彩

初めての「ふるさと公園」に出かけてみる。
修景池は野鳥が遊び 「アサザ」というスイレンに似た水生植物が湖面に広がり 独特の光景がありました。
e0275537_2125245.jpg
e0275537_21254038.jpg
e0275537_21255848.jpg

[PR]
by zou337 | 2015-10-04 16:22 | カメラ片手に | Comments(0)

私の東京賛歌

有楽町で旧友を待つ  界隈の「東京」を撮る  昭和の臭いを嗅いだような気がした
e0275537_1614164.jpg
e0275537_16144036.jpg
e0275537_1615625.jpg


翌日 築地から八丁堀 新富町 上野 アメ横を歩く
e0275537_16165622.jpg

e0275537_16174262.jpg

e0275537_1619418.jpg


23日 再び上野に来た
e0275537_16201871.jpg
e0275537_16203494.jpg

[PR]
by zou337 | 2015-04-23 16:11 | カメラ片手に | Comments(0)

八丈島再訪

この日のフライトは 雲の上を飛ぶ・・・つまりなんにも見えない。
久し振り といっても二年振りだろうか

民宿のロッジオーシャンから歩いて底土港に行く。
e0275537_6154641.jpg


翌 娘の車を借りて ドライブに。
前回入れなかった温泉は裏見ヶ滝温泉、ありがたいことに無料である。
そばに素朴な脱衣場が建っている。女性は道路脇にあるトイレに脱衣場があるらしい。
e0275537_21251633.jpg

e0275537_21231063.jpg

末吉集落から下に下がれば洞輪沢港に出る
e0275537_6174159.jpg


e0275537_6184017.jpg

[PR]
by zou337 | 2015-04-19 18:11 | カメラ片手に | Comments(0)

伊那の休日・・・梅雨入りの晴れ間に一人日帰り旅


6月10日 
この歳になって初めて飯田線を走る特急に乗車する機会がありました。天気は上々。
外出日和でした。日曜日だからすいているだろうと思い自由席としました。
豊川駅10時18分発・・。悠々と座ることが・・・・・。景色と共に右へ左に・・・幼児並みです(+_+)

飯田線は豊橋から信州辰野を結ぶ単線の鉄路で 特急とはいっても3両編成です。
一両目が指定席で後の2両が自由席。このダイヤは飯田止まりでそれも一日一便のみ。
e0275537_22304057.jpg

東栄町までは清流豊川に沿って走りますが この駅から東に折れ続け 天竜川沿いに静岡県浜松市天竜区を疾走するようになります。 これから  中部天竜  水窪 平岡 温田 天竜峡の順に停車していきます。ずっとトンネルの連続ですが 垣間見る景色は 緑 緑 また緑の世界です。外の新鮮な空気が吸えないのが残念。
しかしワイドビューの窓は外の景色を存分に楽しめます。これまでドライブなどで車から眺めた景色をこうして鉄路の視点から眺めるのも悪くありません。川下りの時 川面から眺める景色が新鮮に感じるのとよく似ています。ハンドルを握ってない分 沿線の人家の様子や田畑の具合もよく観察できます。時々天竜川にかかる吊り橋があり カメラを向けますがとっさのことで自分のデジカメでは無理。
e0275537_936237.jpg

e0275537_9385957.jpg



飯田駅には午後12時45分やや遅れ気味で到着、出迎えのS氏の車でフォルクスワーゲンのディーラーのお店に。
車を受け取り 広域農道を北上して 寄り道を楽しみながら伊那の手前にある「グリーンファーム」を目指しました。-----新品になったオイルタンクとまっさらのオイルでエンジン音が軽い。----
この店は以前からお気に入りで 何度も来ています。野菜、果物 惣菜から農機具 花 植木 などいろいろな物を売っていて楽しいお店でいつもにぎわっています。物色する買い物の楽しさがここにはあります。
今日は子猫も売っていました。オオヤマレンゲの植木もここで手に入れました。
この日 ヤナギランとかアジサイの花の鉢植えに興味がわきましたが結局断念。替わりに口に入れるものを買ってみました。麹を5合。730gありました。500円というのは普通の値段でしょうか?
田原の友人に電話してコメントを求め 背中を押されたので思い切って塩麹を作ってみる気になりました。
要冷蔵なので店員さんがご親切に保冷剤と発泡スチロールの箱を用意してくださいました。感謝。
e0275537_5582085.jpg

ついでに買った小玉西瓜2個。 300円/個 赤ちゃんの頭ぐらいの大きさです。
皮が薄く まあまあの甘さでした。食後のデザートにぴったりのサイズです。
e0275537_14581568.jpg

韓国仕立てのキムチも二種類買ってみました。---辛さの中に甘みがあり じわっとしたうまみが同時に口中に広がります。主体は唐辛子だけと思われますがこの唐辛子に工夫が感じられました-----もっと買えばよかったぁ
ほかにもいろいろ買いました(^'^) どれも口に入れるものばかりでしたが。妻と楽しむものがほとんどです

外観  ---内部も撮ればよかったかな
e0275537_22364625.jpg

道路の反対側には ツキノワグマ ダチョウ 山羊 クジャクなどが飼育され 子供連れにも楽しませているようです。
e0275537_2230207.jpg

e0275537_940504.jpg

グリーンファームのホームページはこちら。
http://www.green-farm.info/

さて帰路は中央高速でと・・一度は思ったのですが 山本インターから天竜峡へ・・国道151号を南下します。何十回と走り慣れた道である・・・三河河合あたりで三遠南信道無料という看板の誘惑に負けてハンドルを左に。好奇心は未だに盛んなのです。初めてのこの道 第二東名も試走してみたくなりました。豊川インターの手前で渋滞に遭遇し ガス欠寸前。ひやひやでしたがどうにか無事市内の行きつけのスタント゛で満タンに。10日の給油は-18円/㍑なのです。さらに誕生月は-81円(^'^)
夜のお出迎えは ヤモリ君でした。
e0275537_22451117.jpg
















.
[PR]
by zou337 | 2012-06-10 22:46 | カメラ片手に | Comments(0)

馬籠でちょっと英会話--旅の恥は・・・馬籠今昔

幾度となく訪れた馬籠の宿・・・・
白御影石で整備された道は 坂道の曲線を強調し 苔むした石垣は
年月の深さを漂わせています。
外国人の観光客のグループ10人ぐらいの・・・入り口のJAの売店で聞けばオーストラリア人 
そのうちの一人のご婦人は二回目の来日とか。--写真のジーンズを履いたご婦人です
e0275537_17474378.jpg

坂の上から・・「日本人」が歩いてきた・・ので思わずパチり
日本家屋 木造の家並みには和服がやはり・・似合います。
これが旅人風なら さらに絵になりそう・・・脚絆に三度笠ならどうか・・・(^'^)


すれ違ったいかついおっさんは短パン姿のスタイル・・・「今日はどこまで行くのか?妻籠まで?。」
「YES」
「Oh,great!!」

別のスマートな男性・・
「おやき」の前で立ち止まって これは何かという顔??
「これは長野県のファーストフードです」
いたくわかったようで 笑顔でうなづいた。

仲間同士で一緒に撮ってあげましょうかと親切心を起こしましたが
ひげむじゃらの初老の男性は
「(自分が写ると)あまりきれいな写真にはならないからいいよ」と笑って首を振った。
e0275537_1255710.jpg

馬籠 寸景
e0275537_4513172.jpg





45年前頃の馬籠宿と文学少年??
馬籠はかつては寒村・・・それでかつての佇まいがそのままに近いように残されていたのをある学者が見出し 保存とともに観光資源として・・今に至っています。
観光化とともに馬籠も徐々に元気になって建物も一定の制約を受けながら
変わりつつあります。かつての佇まいがどうであったのか その風情を懐かしむのは
物見遊山の我々が口にするのは勝手な望みに違いない。
快適な暮らしとは・・・・景観保存/古さと観光資源整備/新しさは貧しさと豊かさ・・・・・・??
いろいろ思い悩むのも ある意味身勝手なことだろう・・・

私が この村に初めて訪れたのは昭和44年5月 17歳だった。
街道 峠 宿場町・・・一連のイメージにこだわっていた頃の記録です。
e0275537_1726837.jpg

中津川駅から歩き 途中落合の農協の玄関先で新聞紙を敷き野宿 翌朝4時50分出発。
石畳の坂道を歩き昼頃馬籠に入った。
当時の学生の旅は キャラバンシューズと寝袋 YHがあれば550円/泊の時代であった。
中津川に着いたのは 午後11時03分。深夜の道をてくてく歩いたのだから若かったのです。(^_^;)
夜明けとともに歩きだし 朝日が昇るころ 眼下の向うに中央線のSLが走る煙が・・・。
遠く 汽笛が聞こえた・・・と記録に記されています。!(^^)! ------律儀ですよねェ。(^'^)
e0275537_17394718.jpg

当時の正樹の隠居所と小説に登場する伏見屋 現大黒屋の写真がある。
e0275537_17212480.jpg

まだ馬籠の宿は・・・石畳はなく 石ころがころがる昔ながらの道と民家。
↑ 妻籠へと続く旧中山道は畑の中に続く 幅30cmばかりの・・・。現在は整備されて面影はない。

馬籠宿の最上部の民家の風景です。石置き屋根の人家がまだありました。
e0275537_17572829.jpg



馬籠峠で・・・こんな恰好で歩いていたのか・・・・恥ずかしい 旅の恥は・・・若かりし 紅顔の〇〇。
白黒写真じゃ・・・わからないかな。
それよりこの写真は誰がシヤッターを・・。三脚持って行ったから・・・。当時は歩く物好きは
ほとんどいない・・。そんな一人撮影をしていて・・・これも恥ずかしき光景かな(*^_^*)
e0275537_1813627.jpg


橋場から私は妻籠に入らず 名古屋の若い夫婦の車に乗せてもらい・・ ヒッチハイクで大平峠から飯田・・塩尻で学校の宿直室にお世話になり 近場の山に登ってから豊川の実家に帰った・・・(^'^)
e0275537_17415175.jpg

藤村記念館で想いに深ける文学女性・・・盗撮の走りなんていわないで・・・。  
藤村に酔うか、恋の痛手を癒すのか(^'^)
私も同じようにかつての旅を思い出して想いに深けています。(^_^;) (^_^;)
この旅の行程計画書・・・が残されていました。
e0275537_18271029.jpg
















. 
[PR]
by zou337 | 2012-05-14 22:46 | カメラ片手に | Comments(0)

おばあちゃん家は築130年の民家

豊根のおばあちゃんは私の15年来の茶飲み友達です。
何年か前のこと・・次女の小中学校の友達のお母さんの叔母さんということが
わかりました・・それから急速に気持ちが接近?したのです・・!(^^)!

このお宅には山菜採りに行くと必ずといっていいほど立ち寄ります。
おいしい番茶とお菓子を今日も出してくれました。

この家 すごいね・・・縁側に座って思わず口に出た言葉でした。
・・・
「130年・・・」
130という数字だけ 耳に残りました。
「あっそうなんだ!! すごいね。130年か・・・」
またすごいと言ってしまいます。

ここまで頑張った年月もそうですが 軒やけらばの出がすごいのです。
格好いいね。

どうです この直線美 見事なものです。大工さんに脱帽ですねぇ
e0275537_160098.jpg


玄関から見える建具も年代物です。
「この建具 いらなくなったら連絡してね。」
たまたま居合わせたご長男は
「この前 古い家を壊したとき ほしかったらもってけといってたな」
e0275537_1604790.jpg


玄関ポーチ灯はこんな感じ。こういうランプも見かけなくなりました。

近くに 倉庫があります。石垣と木造の肌合いが絵になります。
建物と石垣は今日まで同じ時間を生き続けてきているかのようですね。
時は物に別の生命を与えてくださいます。・・・人もそうありたいと・・・自戒するのでありました。
e0275537_1613793.jpg

家の向かいには花の小さな桜が満開です。
e0275537_1975986.jpg

[PR]
by zou337 | 2012-05-05 17:31 | カメラ片手に | Comments(0)

豊根の板倉

豊根の板倉
Мさんの家の近くに建っていました。
苔むした石垣と風雨に晒された板の経年変化がある美しさを醸し出しています

e0275537_1051130.jpg

[PR]
by zou337 | 2012-05-05 10:49 | カメラ片手に | Comments(0)

清須城下 西堀江の路地を歩く

実家の近くに住む義弟のカミさんから エコポイントのお米が届いているから取に来てというので
いそいそと出かけた。久しぶりの実家訪問である。今日は気温も高く 実家の木の網戸を
家の奥から出して たまたま帰郷してた義兄と義弟とではめ込んだ。
いまだにサッシを嫌っての家なので 家の夏の準備も高齢化した夫婦には無理になってきたようだ。
昼食を済ませ 午後遅く 茶の間でごろごろしているのもなんだから 一人カメラを
持って近所探索の散歩にでてみることに。
この付近は 路地が多く かつての街並みがそのまま残っている・・・言い方を
変えれば現代的な開発から遅れているというとお叱りをうけるだろうか。最近耳にする木密地域
が多いエリアである。
洒落た建物がそうあるわけでもない・・・しかし 路地が多いということは
それだけ昔の風情の建物がまだ残っているという期待があろうというもの。
路地は歩くのが楽しい 意外な風景や建屋に巡り合う

 立派な日本家屋・・・黒じっくいの蔵が威風を放っている。
e0275537_936235.jpg

e0275537_8273240.jpg

石垣 黒く防腐剤が塗られた杉板 漆喰 定番の民家の外壁である
この付近で見る石垣はみんなこういう丸いごろた石で積まれていて 妻の実家も例外ではない。
数年前の東海豪雨では この石垣のおかげで難を逃れたそうだ。こういう石をどこから
運んで来たのか 当時明治の頃 車があるわけでもない 大八車での運搬はたいへんだったろう。
ちなみに妻の実家も築100年以上 明治の時代建てられたそうで・・・耐震改修は無理 (^_^;)
e0275537_828669.jpg

今日日珍しくなった長屋の佇まい それぞれ愛すべき草花がつるされていたりする。
人の温もりをふと感じ入る・・・
e0275537_8285544.jpg

大きな寺院・・観音様と呼ばれているらしい  境内に二重の塔 一層めは吹き寄せの和式垂木
二層目の垂木は扇垂木 珍しい
豊川市内の重文指定になっている三明寺の三重塔もこれと同様上下で様式が違っています。
わざわざ違える理由を知りたいです。
e0275537_9364165.jpg

e0275537_8371818.jpg

e0275537_9402486.jpg

一角に千手観音 塀の孔から
手にそれぞれいろんな物を持っています なんでしょう 一つ一つ意味があるはずですが・・・。
e0275537_9384073.jpg

[PR]
by zou337 | 2012-04-30 08:41 | カメラ片手に | Comments(0)

首里城

一度見ておきたいと思ってた琉球の遺産です。思わぬ招待で訪れる機会がありました。文化遺産に触れると 琉球王朝は日本ではないと感じましたが・・。沖縄が日本から独立するといったら・・

e0275537_18123927.jpg

外壁の赤は漆で塗られているとか 赤の色彩に特別に意味はありません・・というスタッフのご説明
首里城の他 沖縄の出城の城壁の曲線には独特の優美さがあります
e0275537_18225415.jpg

改修した建築  木材は槇の木とか ヒノキや杉はこの付近の山にはないですから 建材に利用できるような槇の木が島に自生しているのかどうかは確認しませんでした
e0275537_18133424.jpg

e0275537_18135480.jpg

王様は中国の影響からかここも龍です。ちなみに朝鮮王朝も龍です
国によって龍のかたちに差があるのかどうかはわかりませんが
e0275537_18143283.jpg
e0275537_1815226.jpg

広場は色分けされているのは宦官とかそういう役人の整列する際の条規にしてたとか なるほど
e0275537_1817540.jpg
e0275537_18174325.jpg

石垣は日本の城壁とは違い 隙間がありません。施工技術の高さに感嘆しました
e0275537_18181677.jpg
e0275537_1819190.jpg

丁度民族舞踊の時間に遭遇 細かな衣装に琉球の形を感じます
e0275537_18203771.jpg

[PR]
by zou337 | 2011-11-15 18:04 | カメラ片手に | Comments(0)

柳又の木造小屋

開田高原 柳又の木造小屋

釣りにでかけた折 ふと目にした風景が心に残り 再び訪れたこの集落・・・・・
古びた建物とはいえ 屋根の構成とプロポーションに魅かれました。
また、周囲の風景となじんで 美しくさえ感じます。無理のない形 落ち着いた佇まいに
ほっとした感覚を覚えました。
e0275537_11354061.jpg























.
[PR]
by zou337 | 2008-05-01 09:13 | カメラ片手に | Comments(0)