「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:山の備忘録( 3 )

登山の記録

17歳         残雪の御嶽 2合目~田の原コース /5月  学校行事として 
            鉢伏山/長野県
            高ボッチ山 
18歳                  山岳部
新人歓迎山行   鈴鹿 愛知川遡行 朝明渓谷
夏山合宿      鈴鹿 籐内壁/岩登り 穂高涸沢合宿 奥穂高  北穂高に遊ぶ 
            横尾・屏風岩登攀/石岡氏+山岳部多数 
            北穂/滝谷  剣岳合宿
春山合宿      木曽 上松から入山 木曽駒/3月 
            空木岳3月/池山尾根から マセナギにて幕営
            伊吹山スキー      
冬山合宿      木曽御嶽/ 田の原道より 
個人山行      富士山 5月 1合目から登山 夜行御殿場--バス/青年の家下車--徒歩--太郎坊--五合目
            幕営 2日目 頂上一周し太郎坊下山 阿知波 前田 川崎氏4人   19歳
            大樺沢--北岳--間ノ岳--農鳥岳--大門沢--広河原 /川崎氏2名 
            槍ヶ岳/高瀬川より-千天の出合い幕営--北鎌尾根--槍ヶ岳--槍沢--横尾/前田 阿知波
                                                            川崎氏/4人                                
24歳          南アルプス
            椹島--荒川三山-赤石岳-椹島  旧山岳部メンバー 五月連休/2泊3日
            この頃 車で椹島まで入れた 林道に落石が多かったので後々禁止となった

            中央アルプス

            空木岳/木曽側から 倉本下車--伊奈川小屋後で幕営
39歳~       中央アルプス縦走 木曽駒--空木岳-池山尾根 鈴木君同行
            木曽駒/県職員の方々と--徒歩で駒ヶ根まで下山 
            三ノ沢岳/久保田氏
            越百山--仙厓嶺--南駒ヶ岳/単独 
            恵那山/12月/単独
            大川入山 単独*2 県職員の人達*1 金田さん一家*1

            南アルプス
 
             北岳--間ノ岳 愛知県職員の皆さんと ざんざ亭泊 肩の小屋宿
      2001年 赤石岳--椹島 秋/内藤氏 小山氏 赤石小屋泊 
            甲斐駒 双子山コース/池戸氏 
            仙丈ケ岳/沖野氏
            鬼面山/井上氏 
            仙丈ケ岳/沖野氏 単独  
            塩見岳/好日山荘のスタッフと 三伏峠幕営
            鳥倉林道--三伏峠--烏帽子岳*5 日帰り 
     2002年  三伏峠--烏帽子岳--小河内岳 --単独 
     2011年 三伏峠--烏帽子岳/内田氏*1に 同行
     
            荒川三山 椹島--千枚小屋泊-- 夏/前田氏 
赤富士--千枚小屋にて
e0275537_20212981.jpg

            聖岳--広河内岳--易老岳縦走  聖小屋泊 2名大木さん

                     旧赤石小屋  赤石避難小屋
e0275537_1644696.jpg

              
            北アルプス 
 乗鞍   /家族で 
            常念岳  /松下氏他 常念小屋泊
            立山連山  /雄山  奥大日岳  春/前田氏 鈴木氏 3人 幕営3泊
           奥大日岳への途中でポーズ
e0275537_16433590.jpg
e0275537_16542356.jpg

            御嶽/継子岳   単独 
            鹿島槍  /内藤氏他 冷池小屋泊 
            蓮華岳 --コマクサの宝庫 
            針ノ木岳  /池戸氏--初めてのシラネアオイ
 
            八ヶ岳連山  /池戸氏 
            蓼科山  /加藤夫妻
 
                    東北
            八甲田連山  秋/ 酢ケ湯温泉泊 八甲田温泉泊  岩木山/県職員の方と                                初めて飛行機に乗る 
 
            雨飾山  秋 小谷温泉泊

             奥美濃の山-
            能郷白山- *2 単独 能郷谷より/温見峠 より
            三周ヶ岳*3 単独 久保田氏 
            平家岳  単独 
舟伏山  県職員の方々と

             滋賀の山--横山岳/沼田氏 井上氏日帰り
福井の山--荒島岳 春 単独 日帰り 
            白山--大白川より日帰り 沖野氏 
                 
            愛知の山--本宮山 日本ケ塚山 鳳来寺山 将棋頭山 猿投山 明神山 寧比曽岳他
            静岡の山-- 高塚山 板取山 湖西連峰  蕎麦粒山 竜双山 


碁盤石山 霧氷に包まれた木々
e0275537_20193057.jpg

e0275537_20214518.jpg







.
[PR]
by zou337 | 2005-08-15 10:18 | 山の備忘録 | Comments(0)

乗鞍 千町が原の石仏

岐阜 高根村から 無印のキャンプ場を抜けて車をデポ
ここから徒歩 3時間登るといきなり視界が広がり 池塘が散在する高原地帯に飛び出す。この中を
一筋の路がある・・・・これはかつて朝日村からの乗鞍信仰登山ルートであった。
高原の中にぽつんと無人小屋が建っていて ここで一泊。水場はないので持参しなければならない。

村から乗鞍へ通じる道には一定距離で一対の石仏が置かれ、迷わないようにしていた。
風化も激しいので保存の動きがあるときいたけれど・・・
これからもずっと登山道の脇に静かに見守っていてほしい。
e0275537_16421985.jpg

[PR]
by zou337 | 2001-10-21 16:39 | 山の備忘録 | Comments(0)

記憶に残る山行--中央アルプス縦走 

記憶に残る山
1992年 9月
40歳の時 再び山に登るぞと意気込んで向かったのは 中ア縦走であった。
駒ヶ根からロープウエーで一気に千畳敷きまで上げてもらい 木曽駒岳を踏破してから宝剣を越えての稜線歩きで空木岳まで快適な稜線漫歩を楽しむ計画だ。15年間のブランクがあった僕としては楽ちん登山の予定だったのである。

同行したのは当時 所属していたスイミングクラブで当時アルバイトをしていたS君で どうも山は始めてらしかった。
極楽平から 檜尾岳への大きな登りさえクリアすれば 後は多少のアップダウンがあるものの 左右が視界が開けてなんとも気持ちのいい稜線歩きと思い込んでいた僕は計画の段階でとんでもない誤算をしてしまった。

地図の上では小屋のある木曾乗越⇔極楽平はコースタイムは同じだったので そんなにはアップダウンはないだろう・・とたかをくくっていた僕はそれが平坦だと勝手に思い込んだわけである。ところが実際は 幾つものピークを越えていかなければならない過酷なコースでひいこらひいこら登ったらまた向こうにピークが・・・・これが何度も繰り返されると「神は我を試したもうのか」と叫びたくなるほど辛いものだった。途中単独の男性O氏に出会い この人と下山までご一緒することになるのだが 途中休憩時彼が口にしていたオレンジが羨ましくねたましく・・・。

後年この時の苦労話しが彼と会う度にこの話題を口にしてしまう・・・それほど美味しそうに食べる彼がうらやましかった。
小屋では 早々に枕だけを確保したのは正解だった。ぎゅう詰めで一旦横になったら身動きがとれないほどの収容で夜中のトイレを我慢してまんじりとせず夜が明けるのを待つのだった。今でこそ新しくなったが当時は軽量鉄骨の古い小屋でなんとも心細く 二階の床が抜けやしないかとさえ思ったぐらいであった。

この時の山行のメインは実は縦走ではなく 空木からの下山コースである池山尾根のなんとも長いコースをただぜいぜいと下界はまだかまだかと延々五時間下り続けた辛い思い出となった。
かつて学生時代にお世話になった池山小屋はかろうじて健在で半ば朽ちかけていたがその小屋の傍で一時間熱くなった足を冷やして休んだが この時間をあわせれば6時間の行程である。
ここの地点からもうすぐのはずなのに なかなか下りられない。下から学校かなにかのチャイムが聞こえるのだが つづら折の登山道はひたすら続き どうにか駐車場にたどり着いたときは意識は朦朧気味。公衆電話から自宅に連絡を入れると次女の声が・・・・。

「おとうさん 無事山から下りたよ・・」と発した声は涙声であった。娘の明るい声はなんにもまして元気を取り戻してくれたようだ。
[PR]
by zou337 | 2001-09-07 12:07 | 山の備忘録 | Comments(0)