馬籠でちょっと英会話--旅の恥は・・・馬籠今昔

幾度となく訪れた馬籠の宿・・・・
白御影石で整備された道は 坂道の曲線を強調し 苔むした石垣は
年月の深さを漂わせています。
外国人の観光客のグループ10人ぐらいの・・・入り口のJAの売店で聞けばオーストラリア人 
そのうちの一人のご婦人は二回目の来日とか。--写真のジーンズを履いたご婦人です
e0275537_17474378.jpg

坂の上から・・「日本人」が歩いてきた・・ので思わずパチり
日本家屋 木造の家並みには和服がやはり・・似合います。
これが旅人風なら さらに絵になりそう・・・脚絆に三度笠ならどうか・・・(^'^)


すれ違ったいかついおっさんは短パン姿のスタイル・・・「今日はどこまで行くのか?妻籠まで?。」
「YES」
「Oh,great!!」

別のスマートな男性・・
「おやき」の前で立ち止まって これは何かという顔??
「これは長野県のファーストフードです」
いたくわかったようで 笑顔でうなづいた。

仲間同士で一緒に撮ってあげましょうかと親切心を起こしましたが
ひげむじゃらの初老の男性は
「(自分が写ると)あまりきれいな写真にはならないからいいよ」と笑って首を振った。
e0275537_1255710.jpg

馬籠 寸景
e0275537_4513172.jpg





45年前頃の馬籠宿と文学少年??
馬籠はかつては寒村・・・それでかつての佇まいがそのままに近いように残されていたのをある学者が見出し 保存とともに観光資源として・・今に至っています。
観光化とともに馬籠も徐々に元気になって建物も一定の制約を受けながら
変わりつつあります。かつての佇まいがどうであったのか その風情を懐かしむのは
物見遊山の我々が口にするのは勝手な望みに違いない。
快適な暮らしとは・・・・景観保存/古さと観光資源整備/新しさは貧しさと豊かさ・・・・・・??
いろいろ思い悩むのも ある意味身勝手なことだろう・・・

私が この村に初めて訪れたのは昭和44年5月 17歳だった。
街道 峠 宿場町・・・一連のイメージにこだわっていた頃の記録です。
e0275537_1726837.jpg

中津川駅から歩き 途中落合の農協の玄関先で新聞紙を敷き野宿 翌朝4時50分出発。
石畳の坂道を歩き昼頃馬籠に入った。
当時の学生の旅は キャラバンシューズと寝袋 YHがあれば550円/泊の時代であった。
中津川に着いたのは 午後11時03分。深夜の道をてくてく歩いたのだから若かったのです。(^_^;)
夜明けとともに歩きだし 朝日が昇るころ 眼下の向うに中央線のSLが走る煙が・・・。
遠く 汽笛が聞こえた・・・と記録に記されています。!(^^)! ------律儀ですよねェ。(^'^)
e0275537_17394718.jpg

当時の正樹の隠居所と小説に登場する伏見屋 現大黒屋の写真がある。
e0275537_17212480.jpg

まだ馬籠の宿は・・・石畳はなく 石ころがころがる昔ながらの道と民家。
↑ 妻籠へと続く旧中山道は畑の中に続く 幅30cmばかりの・・・。現在は整備されて面影はない。

馬籠宿の最上部の民家の風景です。石置き屋根の人家がまだありました。
e0275537_17572829.jpg



馬籠峠で・・・こんな恰好で歩いていたのか・・・・恥ずかしい 旅の恥は・・・若かりし 紅顔の〇〇。
白黒写真じゃ・・・わからないかな。
それよりこの写真は誰がシヤッターを・・。三脚持って行ったから・・・。当時は歩く物好きは
ほとんどいない・・。そんな一人撮影をしていて・・・これも恥ずかしき光景かな(*^_^*)
e0275537_1813627.jpg


橋場から私は妻籠に入らず 名古屋の若い夫婦の車に乗せてもらい・・ ヒッチハイクで大平峠から飯田・・塩尻で学校の宿直室にお世話になり 近場の山に登ってから豊川の実家に帰った・・・(^'^)
e0275537_17415175.jpg

藤村記念館で想いに深ける文学女性・・・盗撮の走りなんていわないで・・・。  
藤村に酔うか、恋の痛手を癒すのか(^'^)
私も同じようにかつての旅を思い出して想いに深けています。(^_^;) (^_^;)
この旅の行程計画書・・・が残されていました。
e0275537_18271029.jpg
















. 
[PR]
# by zou337 | 2012-05-14 22:46 | カメラ片手に | Comments(0)

今晩は当然山菜天ぷら 

夫婦で食べられる天ぷら・・・そうたくさん食べられるものではありません
実は・・
夕方 昨日友達から帰りのお土産にもらった!(^^)! 大きな大福まるごと一個 食べてしまったの
ですよ。(^_^.)
一口食べたら・・・止まりません (^_^;)
イチゴ大福+栗大福+チーズ大福=これ!!(^'^)  かなり高カロリーです
e0275537_19301270.jpg

じゃあ・・
ご飯食べずに 天ぷらだけにしますか・・・と妻。
そうするか・・御代わりの具材はありますからね コシアブラは少し大きいけれど
バリバリ口の中でほおばるのも おいしいんです。
旬のものを贅沢に食べるのも贅沢のひとつです。我が家で贅沢できるのは これしかない。
e0275537_18233256.jpg

これに
コゴミのマヨネーズ添え
モミジガサのオヒタシが加わります。いずれもシンプルのほうが素材の味が伝わります。
コゴミは癖がない味、モミジガサはほんのり苦みが持ち味なのです。地方によっては
シンヅキと呼ぶところもあります。
e0275537_7484545.jpg

茎の部分も真ん中に葉を周囲にして 削り節を真ん中に盛ります。
醤油をかけたいところですが 醤油の塩味に負けますので 天ツユをかけます。

ウドは味が強いのでサラダに仕立てました。
天ぷらにすると油がウドの独特の風味を邪魔して くどくなってしまいます。

天ぷらで葉物は葉の緑がきれいになるようにしたほうがおいしく見えますから
あまり衣はつけないのが常道です。山菜も例外ではありません。
サクサクした食感はおいしさを助長してくれますね。
音も味覚の一つと加えるべきでしょう。
(沢庵をたべている・・・あの音 おいしい沢庵の条件は音も大切じゃないかなぁ。) !(^^)!
e0275537_19322372.jpg

タラもコシアブラもウコギ科。食べておいしいと思うのは人によって意見も異なりますが
個人的には「うまみ」があるのはタラの芽 さすがに山菜の王者だと感じます。ハカマを取った
部分がしっかりある場合はホクホクしてこの部分を食べられるのはかなり太いタラの芽となります。

コシアブラは近年人気が出てきて直売所で当たり前のように並べられるようになりました。
「風味」を感じるのはこちらかもしれません。独特の香りが人の臭覚を刺激し 薄い葉のサクサクした食感と重なってこちらのほうが好きという人も少なからずおられますね。
いずれも酢味噌和えという食べ方もありますが 天ぷらにしたほうが油がおいしさをさらにおいしくしてくれるような気がして私は天ぷらがすきです。
















\
[PR]
# by zou337 | 2012-05-05 18:29 | Comments(0)

おばあちゃん家は築130年の民家

豊根のおばあちゃんは私の15年来の茶飲み友達です。
何年か前のこと・・次女の小中学校の友達のお母さんの叔母さんということが
わかりました・・それから急速に気持ちが接近?したのです・・!(^^)!

このお宅には山菜採りに行くと必ずといっていいほど立ち寄ります。
おいしい番茶とお菓子を今日も出してくれました。

この家 すごいね・・・縁側に座って思わず口に出た言葉でした。
・・・
「130年・・・」
130という数字だけ 耳に残りました。
「あっそうなんだ!! すごいね。130年か・・・」
またすごいと言ってしまいます。

ここまで頑張った年月もそうですが 軒やけらばの出がすごいのです。
格好いいね。

どうです この直線美 見事なものです。大工さんに脱帽ですねぇ
e0275537_160098.jpg


玄関から見える建具も年代物です。
「この建具 いらなくなったら連絡してね。」
たまたま居合わせたご長男は
「この前 古い家を壊したとき ほしかったらもってけといってたな」
e0275537_1604790.jpg


玄関ポーチ灯はこんな感じ。こういうランプも見かけなくなりました。

近くに 倉庫があります。石垣と木造の肌合いが絵になります。
建物と石垣は今日まで同じ時間を生き続けてきているかのようですね。
時は物に別の生命を与えてくださいます。・・・人もそうありたいと・・・自戒するのでありました。
e0275537_1613793.jpg

家の向かいには花の小さな桜が満開です。
e0275537_1975986.jpg

[PR]
# by zou337 | 2012-05-05 17:31 | カメラ片手に | Comments(0)

好天・・山菜採りに出かけました

3人で行く予定が結局 中止となって 一人ででかけることになりました。
奥三河の春は連休は暖かく すでにお目当てのところの山菜はもう元気いっぱい葉を
広げていました。
コゴミの群生ですが こういうところが村のあちこちにありますので
e0275537_1556821.jpg

タイミングが良ければ・・その気になって採取すれば結構確保できます。
今回はこごみは売木村でかうはめになりましたが
他のタラの芽 コシアブラは少々時期遅かったようです。今年は少し寒かったので
成長が遅れるのではないかと予想しましたが・・・。村人も同じことを・・・・。

山は新緑できれいです。
桃の花も満開で村を彩っています。
e0275537_15582110.jpg


売木から根羽村をかすめ 津具村 作手と走ります。
「作手の隠れ家」にはお客さんがお一人でみえてしばらく遊んでから千万町 額田と走って
帰宅。
本日の成果は こんな具合でした。
手前から タラの芽 ウド コシアブラ 山盛りになっているのは「モミジガサ」という山菜です。
あとはご存じワラビです。
e0275537_1654636.jpg

モミジガサの御姿・・東北では有名というかメジャーな山菜 このあたりではマイナー ありがたい。
e0275537_7514953.jpg

[PR]
# by zou337 | 2012-05-05 16:07 | Comments(0)

豊根の板倉

豊根の板倉
Мさんの家の近くに建っていました。
苔むした石垣と風雨に晒された板の経年変化がある美しさを醸し出しています

e0275537_1051130.jpg

[PR]
# by zou337 | 2012-05-05 10:49 | カメラ片手に | Comments(0)

花に恋して

勿忘草
e0275537_17212032.jpg


君いずこ風に揺られし水色の 小さき花にささやいてみる


小さな蘭    キンギアナム
e0275537_17121923.jpg


なに想ふ白き花にぞ命ある耐えがたき恋過ぎ去りし恋




君ゆえに--------その名は オオヤマレンゲ
e0275537_17142586.jpg



君ゆえに 忘れえぬ

その美しき横顔を

遠い過去の追憶と

霞む春の陽炎に酔う



君ゆえに 戯れる

艶やかなる輝きと

過ぎ去りし青春の

闇に漂う記憶の断片



君ゆえに 虚ろなまなざしに

迷える乙女の悲しさを

記憶の窓辺に佇みて

とわの彼方に想いは消えぬ 



君ゆえに 君ゆえに

忘るなかれ 追憶の

天に召されて華となり

白き花弁は恋の誘惑か






















.
[PR]
# by zou337 | 2012-05-05 09:49 | 作詩の記録 | Comments(0)

君の名は・・・

居間の出窓に10何年も前から 季節になると咲いてくれています・・・・
名前は・・・もらった時は・・・・PTAかなんかの記念品だったかも

ランの花の形って・・・よく出来ているというより 神様からの贈り物と思います
e0275537_95283.jpg

日頃 何気なく見ている花ですが・・・マクロでみるとその造形に
見惚れてしまうのは僕だけではないと思いますが・・。
ランに入れ込む方の気持ちも理解できそうです。
e0275537_16354998.jpg


野生種がいいかなあ。
蘭は自然の状態で見るのが最高です。

なに想ふ白き花にぞ命ある耐えがたき恋過ぎ去りし恋














[PR]
# by zou337 | 2012-05-04 09:05 | Comments(0)

五月に入りました --玄関の初夏

玄関と居間との境に幅1800高さ2100奥行450の両面家具がおいてあります。
玄関廻りを何年か前に改装したときに新しく作り直しました。居間側は書籍棚と小物の
引出がほしい・・玄関側は下足入れと本棚は奥行は30cmもあれば十分なので残りの
寸法で飾り棚として・・・ということです。この棚に季節に応じて小物を飾ることにしています。

それで・・・小さな飾り棚が4つ 奥行わずか数センチの飾り棚ですが・・・・
端午の節句に合わせてかわいい兜
中央はお気に入りの写真 五箇山の写真が飾ってあります。絵を飾ることもあります。
下の格子戸は下足入れです。ほとんど妻の靴が・・・。というかすべて。(^_^;)
e0275537_5291056.jpg

居間側は書棚と引出となっています
e0275537_6472517.jpg

e0275537_6454389.jpg
e0275537_645538.jpg

干支の置物 龍の置物 西塘の土産です
そしてモミジの盆栽?
e0275537_5292253.jpg


このエリアは 妻の管理エリアです。
[PR]
# by zou337 | 2012-05-01 05:39 | Comments(0)

清須城下 西堀江の路地を歩く

実家の近くに住む義弟のカミさんから エコポイントのお米が届いているから取に来てというので
いそいそと出かけた。久しぶりの実家訪問である。今日は気温も高く 実家の木の網戸を
家の奥から出して たまたま帰郷してた義兄と義弟とではめ込んだ。
いまだにサッシを嫌っての家なので 家の夏の準備も高齢化した夫婦には無理になってきたようだ。
昼食を済ませ 午後遅く 茶の間でごろごろしているのもなんだから 一人カメラを
持って近所探索の散歩にでてみることに。
この付近は 路地が多く かつての街並みがそのまま残っている・・・言い方を
変えれば現代的な開発から遅れているというとお叱りをうけるだろうか。最近耳にする木密地域
が多いエリアである。
洒落た建物がそうあるわけでもない・・・しかし 路地が多いということは
それだけ昔の風情の建物がまだ残っているという期待があろうというもの。
路地は歩くのが楽しい 意外な風景や建屋に巡り合う

 立派な日本家屋・・・黒じっくいの蔵が威風を放っている。
e0275537_936235.jpg

e0275537_8273240.jpg

石垣 黒く防腐剤が塗られた杉板 漆喰 定番の民家の外壁である
この付近で見る石垣はみんなこういう丸いごろた石で積まれていて 妻の実家も例外ではない。
数年前の東海豪雨では この石垣のおかげで難を逃れたそうだ。こういう石をどこから
運んで来たのか 当時明治の頃 車があるわけでもない 大八車での運搬はたいへんだったろう。
ちなみに妻の実家も築100年以上 明治の時代建てられたそうで・・・耐震改修は無理 (^_^;)
e0275537_828669.jpg

今日日珍しくなった長屋の佇まい それぞれ愛すべき草花がつるされていたりする。
人の温もりをふと感じ入る・・・
e0275537_8285544.jpg

大きな寺院・・観音様と呼ばれているらしい  境内に二重の塔 一層めは吹き寄せの和式垂木
二層目の垂木は扇垂木 珍しい
豊川市内の重文指定になっている三明寺の三重塔もこれと同様上下で様式が違っています。
わざわざ違える理由を知りたいです。
e0275537_9364165.jpg

e0275537_8371818.jpg

e0275537_9402486.jpg

一角に千手観音 塀の孔から
手にそれぞれいろんな物を持っています なんでしょう 一つ一つ意味があるはずですが・・・。
e0275537_9384073.jpg

[PR]
# by zou337 | 2012-04-30 08:41 | カメラ片手に | Comments(0)

衣替えはベンチャーズの軽快なリズムに乗って

天気がいいので思いっ切って打ち合わせ室の衣替えをしてみました。

朝からいい天気です。日々好天 わたしのためにあるような今日の空と太陽。(^_-)
昔のアトリエの写真がたまたま出てきて 何も置いてないすっきりしたインテリアになんとなく
初心に還ったような気持ちになりました。感じやすい年頃なんでしょうかね。!(^^)!

当初から収納スペースを作らなかったため ごたごたした細かい物を整理して隠してしまう
家具もないのでどこかの店舗の改装ででた不要の棚なんかをいただいたりもしてしのいできた。
断捨離ということばが流行り出して久しいけれど・・・我がアトリエも平成元年からの
ためこんだ大小さまざまなものが・・・・散乱しているといってもいいくらい・・・・
特に 南西の角に無印でかった金属の棚があり 周りにも・・・いっぱい。
男やもめのような環境なのでなかなか片付かないと。なにかの所為にしたがるのは
人情なので ここは反省して 妻がスポーツの趣味にでかけるのを見計らい
思い切って家具やらサンプルやら書籍 画材・・・・・整理しようと実行。

そして奮闘2時間そこそで 片付いて 我がアトリエの衣替えとしました。

運動と思えば 床の雑巾かけも棚の水洗いも 家具の移動も力仕事もまったく苦になりません。
何事も気持ち次第です。
年の功とでもいうのでしょうか?
e0275537_19244382.jpg

とりあえず さっぱりさせましたが もう少し手をいれなければ・・・・。
その後・・・・五月に
e0275537_925694.jpg

e0275537_934175.jpg



それにしても ベンチャーズ・・・歳を感じますね (^_^;) でも元気になります!(^^)!
さすがにAKB「会いたかった」というのはね。('_') 

旧い写真ですが 竣工時の・・・・・・・
e0275537_1926553.jpg

[PR]
# by zou337 | 2012-04-28 12:29 | Comments(0)

捨てられないもの 3

捨てられないもの というよりは大切にしている物というほうが正しいですね
結婚して間もない頃 幼馴染のS君から 車庫とそれに付属した夫婦寝室の設計を頼まれました。
彼の庭先にあったこの徳利が目に入り ほしければあげるというご好意に甘えて
もらってきたものであります。35年近く前のことでしたが 大事にしていて玄関先に鎮座しています。

何も字が書いてないので気に入っています
e0275537_82915.jpg

[PR]
# by zou337 | 2012-04-27 08:29 | Comments(0)

捨てられない物 2

ついでにもう一品
学生時代から 愛用しているピッケル。

当時 門田というメーカーが札幌にあった。現在 もうつぶれてしまった。
名前は サクセス ネーミングがいいから取ってあるわけではなく
自分の雪山での命を守るための相棒でしたから。
近年はもう背中のザックに掛けることもなく 手に持つこともなくなってしまい
もっぱら壁の飾り物にさせてしまった。

木製シャフトの色も飴色に輝き それでもいつでもスタンバイしている。
e0275537_7233434.jpg

[PR]
# by zou337 | 2012-04-27 07:23 | Comments(0)

捨てられない物

中学3年の夏 美術の課題で造った魚をモチーフにしたオブジェです。
未だに大切にしている・・・私の作品  です。
吊っていた釣り糸が切れたので 新たに付け直しました。


材料は加工しやすい朴の木の板 一人に一枚ずつ渡され持ち帰った。
それを二つにカットして 二つ作品を作ってみた。
アイデアがふたつ浮かんだというのがその理由で 先生の評価を上げようというそんな理由はなかった。
1. 透かして彫る  魚で体が透かしているというのはありえないが だから面白いのでは・・と。
2. 普通に しかし 平面的に彫るのではなく 立体的になるように大きく上下に角度をつけて。
火であぶって全体的に焦げさせて黒っぽく・・・・
最後にこれらの魚にビー玉の目を入れ完成。これで光沢を発するオブジェとなる。

場所を替えて 飾っています。
e0275537_7144897.jpg
e0275537_7143873.jpg

[PR]
# by zou337 | 2012-04-27 07:15 | Comments(0)

TV台とTEL台をつくりました

Aさんご夫婦が数年間の転勤から戻られ かつて私が設計したご自宅に住まわれるようになり、家具をご注文してくださりました。
部屋の隅に置くテレビ台ということでテレビの大きさ 可動する角度を確認してのデザインとなりました。当然ではありますけれども。。
e0275537_15291365.jpg

電話台は角がカットしてあり 子供がぶつかってもけがをしないようにしました。
素材は 楢とブラックウオールナットでデザイン。二つの素材を使用する場合のデザインは難しい。
e0275537_1529279.jpg


今回は引出 扉に金物の摘みをつけてみました。この摘みの選択も間違えると台無しになることも。
別の木で--黒檀とか特別に作ることもいいかもしれません。
塗装は木の色合いがそのままでるように クリヤーで済ませてあります。
[PR]
# by zou337 | 2012-04-24 15:34 | Comments(0)

気分転換は水泳で--僕の健康法

気分転換は 親しき人たちと逢うことが一番と・・・・手頃なのがジムと水泳です。水着になって水に親しみ シャワーを浴びて・・さっぱりして。・・・・ビールはのみませんよ(^_-)。
水泳はこれまで20年通っていますが 遊泳だけにとどめています。
競泳を視野にいれますと速さが関心事になって気分転換ではなくなります。ただ 悠然と遅くてもいいから泳ぐのがいいのです・・なじみの異性・・後期高齢者のおばさまとかいささかきついけれど明るいお姉さまとか・・常にプールメイトとして・・・もちろん男性も・・・。お医者さん レントゲン技師 元自衛隊員 現役教師 まあいろいろな方がいらっしゃいます。大半は男性なら現役引退された先輩諸氏そんな人々との他愛もない会話やいつものあいさつでほっとします。
コミュニケーションのよし悪しは脳に影響しますからなるべく会話はしたほうがいいと思っています。
会話でことばを選ぶことは 脳の運動の一つですから。


健康というのは 物理的な肉体の健康 心の健康 脳の健康 この3つが健全でありたいと願っています。
ポジティブに日々を暮らすこと つらい日もあれば楽しい日もありますし これが人生と。!(^^)! 韓国ドラマである老婦人の何気ないセリフ・・「人生長く生きていればいろんなことがあるもんだよ」普通では考えられないような不幸を背負って生きている若き主人公の女性に発した慰みのことばです。平易なそのことばにとても癒されるような また 励みの言葉だなと思います。


体型の維持はエコライフ・・20年前、30年前のブレザーもセーターもカッターシャツ・ズボン/パンツ 今でも着用しています。しかしお腹の周りをもう少し絞らないといけません

おなじみ  クロール泳法です。長く泳ぐにはこれが一番でしよう。 
元国体選手だった…韓国が日本の統治されている頃らしい・・そうです、彼は現在80歳。別のクラブで顔なじみになり彼の泳ぐフォームをサウナから観察したのです・・・それ以来クロールのお師匠さんとしての存在です・・・同じ今のクラブに移ってからでもH氏のフォームがお手本です。彼のほうが早いです(ー_ー)!!
夢中だったころは20分もかからず1000メートル泳ぎ続けましたが一旦怠けると根気が続きません。一キロは減量します。ただ楽に泳ぐことを覚えてしまいますから有酸素運動にはいいけれどカロリー消費とすればジムのほうが数値化されますのでもっぱら気分転換として最近は割り切っています。←単に怠けているだけのこと(^_-)

e0275537_1238516.jpg



日本人が考案したと聞いているバタフライ泳法 結構好きな泳法です。あまりしぶきを立てずに泳ぐことに心がけています。この泳法 実は初めそんなに覚える気がなかったのですが ある日60歳を超えておられるとおぼしき女性がしきりと溺れそうな感じで真剣に練習をしている光景を目にしました。18年以上昔のことですがそれでこれではいけないとこの泳法を覚えました。そのことを後日その女性にお話ししましたらお友達と一緒に2度もうなぎ料理をごちそうしてくださいました。人をほめることはいいことだと思いましたがそれ以上に彼女の前向きな姿勢に反省したことが大切だと思っています。その彼女はそれから数年後他界されたことをその友達から伺いなんともさみしい気持ちになったものです。今でもこの泳法を覚えられたのは彼女のおかげと思っています。泳法は当時同じクラブで泳がれておられた市内のウナギ料理店のご主人でした。親切に基本のリズムを教えてくれたことを覚えています。トン トン ・・手と足との動きは覚えれば・・・。
豪快で気分爽快 このうえない・・・・ですよ

e0275537_12394177.jpg

e0275537_1241232.jpg
















.
[PR]
# by zou337 | 2012-04-21 07:21 | Comments(0)

リフォームの心

私的リフォーム心がけ

私の家の離れ---納屋を改修
2011年1月珍しく雪が積もった朝
e0275537_1851491.jpg




目的意識を明確にして何をどうするか どうしたいか 何が問題なのか・・・
きちんと整理して明確にすることがリフォームの大切なところではないでしょうか。

まっすぐに 自分に正直に、何にどれほどのお金を費やすか
その効果 価値をイメージしてみることができればスタートです。


何点か留意すべきポイントをまとめてみます

・ 残すべき古い物 習慣 改善したい習慣 物を整理する

・ 材料をただ別の物にすげ替えるだけではつまらない

・ 平面をながめて 改善する箇所を発見する

・ 素材はこれまでのものより新鮮さがないと楽しくない

 
・ 機器類はよく調べる 性能 価格 機能 より上等なものにしたい

・ 建築も大切だけれど同等にそれ以上に家具の質も大事 
  インテリアに合う家具のデザイン 質感にも 配慮しておきたい。

・ リフォームの機会に他の部分も改善すべきところがないか
  工事の間に同時に改良したいところを考える




どうでしょうか

決心がつけば まず始めてみましょう 身の回りからリフレッシュすれば気持ちも若返ります。









.
[PR]
# by zou337 | 2011-12-18 10:35 | リフォーム | Comments(0)

首里城

一度見ておきたいと思ってた琉球の遺産です。思わぬ招待で訪れる機会がありました。文化遺産に触れると 琉球王朝は日本ではないと感じましたが・・。沖縄が日本から独立するといったら・・

e0275537_18123927.jpg

外壁の赤は漆で塗られているとか 赤の色彩に特別に意味はありません・・というスタッフのご説明
首里城の他 沖縄の出城の城壁の曲線には独特の優美さがあります
e0275537_18225415.jpg

改修した建築  木材は槇の木とか ヒノキや杉はこの付近の山にはないですから 建材に利用できるような槇の木が島に自生しているのかどうかは確認しませんでした
e0275537_18133424.jpg

e0275537_18135480.jpg

王様は中国の影響からかここも龍です。ちなみに朝鮮王朝も龍です
国によって龍のかたちに差があるのかどうかはわかりませんが
e0275537_18143283.jpg
e0275537_1815226.jpg

広場は色分けされているのは宦官とかそういう役人の整列する際の条規にしてたとか なるほど
e0275537_1817540.jpg
e0275537_18174325.jpg

石垣は日本の城壁とは違い 隙間がありません。施工技術の高さに感嘆しました
e0275537_18181677.jpg
e0275537_1819190.jpg

丁度民族舞踊の時間に遭遇 細かな衣装に琉球の形を感じます
e0275537_18203771.jpg

[PR]
# by zou337 | 2011-11-15 18:04 | カメラ片手に | Comments(0)

高見の家

2011年
家相100点の家としてほめられました。
クライアントのSさんのこだわりは家相 趣味はビンテージカー。
e0275537_19554475.jpg

e0275537_9512100.jpg
e0275537_951947.jpg
e0275537_951356.jpg
e0275537_9514348.jpg

厨房 勝手口/北側と南側への出入り口は一直線で動線  風通しを配慮した結果
e0275537_12143977.jpg

玄関  コンクリート壁と木造壁の暑さを利用して小さなニッチを設けた
玄関になにかしら飾る部分があってほしいということから・・・
開口部の半分はルーバーとし 道からの風を引き込み 二階へと通風を促している
e0275537_107214.jpg

車庫の扉は三枚戸・・・車庫の床はフローリング
e0275537_1211830.jpg

[PR]
# by zou337 | 2011-09-30 09:49 | 個人住宅・平成~  | Comments(0)

Тさん家のリフォーム

Тさんのお宅は木造二階建てで広い敷地に建っておられます。
ハウスメーカーのお家で゛すが在来工法でできています。
Тさんとのお付き合いは塀と車庫の整備からでした。
工事はご自宅のリフォームをなされる10数年前でここにある写真はちょっと前に塀の改修と
車庫のお化粧直ししたときのものです。
粋な黒塀としてあります・・・ 最初も木の板塀でしたが 以前より長持ちするように心がけました。
e0275537_12272079.jpg
e0275537_1227339.jpg
e0275537_12275332.jpg
e0275537_1228178.jpg

e0275537_12281433.jpg

車庫はその塀と連動するかのように・・・・

ご自宅のリフォームは家の中を主に手を加えることになりました。
床 壁 天井の仕上げは自然素材とすること
生活動線と水廻りの改修 浴室 厨房 洗面・脱衣室 トイレを見直しました。
浴室は今までが寒く窓からの冷気を防ぐことにありました。
壁はタイルという奥様のこだわりでタイル仕様の選択肢が可能なイナックスとなりました。
白いタイルはとても明るいです。窓は二重サッシとしました。

玄関は壁と天井に手を加えています。
天井は和風の竿縁でそのままでは・・と思いましたので着色して目先だけの変化ではありましたが
なんとか和風そのものの雰囲気を緩和できたのかな・・・
e0275537_14471271.jpg


取次から東側を見通すと 廊下の先には小さなカウンターがあり 
床の間のようなアイキャッチ効果を狙っています。邪魔になったら取り外せるようにしました。
e0275537_1448381.jpg

今の廊下の真ん中に元は洗面・脱衣室があって通風と生活動線に問題がありました。
ここを取り払うと廊下の幅は1間ありますから収納家具を壁に沿って据え置き、
洗面・脱衣室の出入りに従来使用されていた建具をそのまま再利用とします。
建具も二枚となれば新調しても万の費用がかかります。今有るものをどうするか・・・・。
捨てるのは簡単ですが物として使えるものはなるべく再利用しましょう。
e0275537_12531938.jpg

居間と食事室の境は今まで通り3枚引き込み戸ですが 明るく軽い建具としてみました。
e0275537_1254149.jpg

e0275537_1535081.jpg

居間の南側は出窓になっていて床の部分が痛んでいたので 白いタイルの残材で張って
なんとか恰好をつけました。レース越に柔らかな日差しが入り 猫ちゃんの至福の場所のようです。
カメラを向けても逃げないのですから・・・・猫ちゃんのまなざしがありがとう言ってくれてるようでした
e0275537_10203686.jpg

以前L型の対面式のカウンターは今回は独立した厨房としてあります。
カウンターの角を回り込んでのサービス動線はとてもわずらわしいものですから
今回は単純な動線なりました。これで動きが最小限になって楽になりました。 
背面の機器類の収納もつくってみました。
一直線上に勝手口を用意したのは風遠しと動線上の配慮・・元倉庫にあったドアは
通風ドアなので外してこちらに付け直しました。まっすぐに風が食事室まで届きます。
イメージではありますが たぶんいいと思います。
e0275537_1391764.jpg

食事室の東側は腰窓を掃き出しサッシにしています。
風通しもさることながらサッシの前には物を置かなくなりますのでさっぱりします。
光もいっぱい入ってくるでしょう。ここからデッキにでられます。いつかデッキを大きくして
洗濯干場に変貌するかもしれません。リフォームをしながらいろいろとこうしたらいいかもとか
アイデアは限りがありませんが費用もついてまいりますから全てが一度に実現させるのは難しいです。
e0275537_12561341.jpg

勝手口のところに食器戸棚を作り付けました。天井までの大きなものです。
家具で作らなくても棚と建具があれば恰好つきます。安上がりでもあります。
ポリカボネート複層シートはなんとなく内部の品物がわかるから便利です。
割れないというのも安心です。地震の時は中の食器は飛び出すことはありません。
e0275537_1333139.jpg

洗面・脱衣室です
窓は床からのルーバーサッシとしてサイズも大きめにし 通風と採光に気を使っています
床はタイル貼りです。冬の間だけ敷物を敷きます。ガスコックをつけ、ガスファンヒーターが
使えるようになっています
e0275537_133722.jpg

洗面・脱衣室専用の家具は下からいろいろな物を収納できるように予め間違いのないように・・・慎重にしたつもりですが使い勝手のほうはその後いかがでしょうか。いろいろ工夫されて家族で
一つ一つ決められていかれるでしょう。何段目の引出は・・・上から何番目の棚はバスタオル・・・とか
e0275537_1334548.jpg


e0275537_1342129.jpg

トイレはカウンターを付け なるべく広くなるように。背面の壁には小物飾り棚をつけました。
e0275537_324555.jpg


便所の建具は片引きですが 下に猫ちゃん専用戸があります・・・
e0275537_13213719.jpg

家具
楢でダイニングテーブルを作りました。市販の同サイズのタイプと金額を近づけるのも大事です。
e0275537_1322322.jpg

パソコンテーブルです
e0275537_13221891.jpg

[PR]
# by zou337 | 2011-09-05 13:15 | リフォーム | Comments(0)

純白の花は どれも清楚で香は上品で・・・

白蓮
某女流日本画家が鑑真和尚が持ち込んだハスの流れをくんでいると言われて・・・半信半疑ではあるものの白蓮の花が欲しかったもので・・・・・まあまあ買うことにしました。鉢ごとで買い 鉢を別の大きなものに移して
毎年楽しみが増えました。すごく上品な匂いなのでうっとりしてしまうのです。
e0275537_1773814.jpg

山芍薬 確か馬篭の売店で苗を買ってきたものだった 
これが自生しているのは石灰岩質の山塊である。
滋賀県鈴鹿の山 琵琶湖東の横山岳 中腹に白い花を見つけると・・・素直に嬉しい。
e0275537_17132753.jpg

オオヤマレンゲ 伊那の店で苗木を見つけて咲いたのは3年後 以後毎年8つぐらいは咲いてくれる
匂いは格別--この花はある程度の標高の山に生えています。中部地方では木曽 近畿でも群生地がありまして我が家の庭で咲いてくれるのは本当に嬉しいのです。うつむき加減に純白の花の風情は手放しで絶賛してしまいます。
e0275537_17163383.jpg
e0275537_17151088.jpg

ウケザキオオヤマレンゲ 葉が朴ノ木の系統なのか大きいです。花は上を向いて咲きます。
e0275537_17212195.jpg

[PR]
# by zou337 | 2011-07-10 17:16 | Comments(0)