半田の家

◇ 木造二階建て 述べ床面積 330㎡
◇ 屋根 日本瓦葺き
◇ 外壁 左官塗
◇ 内装 床 青森ひば無垢フローリング クリ無垢フローリング 
     壁 珪藻土塗
     天井 椹無垢フローリング PB下地EP他
◇ 設備 システムキッチン/ベイネット/名古屋 床煖房/灯油焚き温水循環方式
     
◇ 施工 大秀建設/東海市




住宅街の一番南側の敷地にこの家は建っています。敷地の南隣地は青空駐車場で・・つまり南側からこの家の全体がそのまま見られてしまいます。
東側道路から 車庫から玄関へはそのままアクセスできるようになっています。外来者はスロープを歩いて一旦南側へ回り込んでからのアクセスとしました。
e0275537_10275433.jpg

全景 切り妻屋根で統一してあります。これだけ幅のあるお家は初めてです。
e0275537_10285430.jpg
e0275537_10384222.jpg

夜景ですが照明器具の数というのはある程度節操がないと店舗のようにもなり見せびらかすというふうにもなってしましますので難しいところです。
e0275537_10323699.jpg

バスコートの塀・・・
e0275537_103618100.jpg
玄関はよそゆきの玄関と内玄関とに分けられています。この玄関はお客様用です。壁の油絵は上海まで買いにでかけて探してきました。蘇州の風景がかかれていて柔らかい雰囲気を演出しています。

e0275537_1040541.jpg

こちらは内玄関です。それぞれに下足入れを用意してあります。

e0275537_10373418.jpg

廊下--玄関に上がって目に飛び込んできます。小屋組は在来伝統工法 貫で小屋束を左右に通し 意匠として演出させてあります。
e0275537_10353923.jpg

居間は大勢お客様がいらしたときのためにケヤキの長いテーブルを作りました。かなり重いことからもうこのまま動きません。脚と天板は分けてありますからいざとなれば移動はできないことはありません。
e0275537_10365287.jpg

居間の天井の木組みです。天井には電動可動式のトップライトを設けてあり 熱気を排気するときに利用します。
e0275537_10371631.jpg

食事室は廊下の突き当たり・・・
e0275537_10343080.jpg

庭の全容---基本的なデザインはこちらで考えましたが 実施は豊橋の知人の庭園師に頑張ってもらいました。細かいところに工夫する繊細な御仁ですが体格はすごいですが笑顔は愛らしい・・・・・
e0275537_10405073.jpg

[PR]
by zou337 | 2005-04-30 10:22 | 和風住宅  | Comments(0)
<< 下栗の民家 常盤堂 >>