光明の家

この家は私にとってある意味ターニングポイントとして印象深い。
造形での自由な感覚をここで少し発揮できたような気がしている。
自分の思い入れという側面もあるが 素材に対する感覚もこの家で
少し変わったように思えた。
外壁は 珪藻土塗り仕上でこの素材が出始めてまだ間もない頃であったので
少し冒険だったかもしれない。
北面は ガルバリウム鋼板GLア0.4の大波を張り コストダウンを図りつつ
おおらかな家の形としてデザインしている。

e0275537_22474856.jpg
e0275537_22481795.jpg

e0275537_19114974.jpg

e0275537_2256967.jpg

by zou337 | 2001-04-25 22:45 | 個人住宅・平成~  | Comments(0)
<< ボンとらや北山店 豊川四川飯店--現在 珍珍 >>