私的日中友好

尖閣で日中はこれまでになく険悪な雰囲気になってしまっていますね。さて今後どうなるのでしょうか・・・
日韓も心配ですが・・・・。領土問題って本気になるとやっかいなんですね。だからこれまで大人の対応ってやらで済ませてきたことが裏目になってしまったんでしょうか。大陸の国はずっとこれで異民族と戦ってきた歴史がありますから彼らの血は常に対峙してかまえているといってもいいかもしれません。
日本人は島国 悪く言えばお人よしの国民性 過去は水に流して・・というのが美学の一つとしてあるけれど大陸のあちらの人々はそうはたやすくない。仕掛けた側とされた側の感覚の差は大きいしいつまでもこの関係は消えることはないから・・・やっかいですね。子々孫々まで語り継がれるわけですから。日韓関係も構図は
同じようなものだから日本人はずっとこの歴史を背負っていかなければならないのでしょうか・・・。
中国の場合は 領土問題に面子も絡んできているからそう簡単に仲直りというわけにもいかないかもしれません。この事件で日本の経済的な損害はかなりのものになってしまったようです。観光での損失はこれからも続くに違いありません。国と国との関係は複雑で時間もかかりますが 個人と個人との交友は維持したいものです。

2005年に初めて中国に足を踏み入れてから中国語をかじり始め ネットで知り合えた友達がずいぶん増えた、中国に旅したときにお世話にもなったし 教わったことも多々ありました。知り合えた人は 元医師 元人民解放軍兵士 個人タクシー 大学教授 旅行会社社員やツアーガイド 中国残留孤児 IТエンジニア 貿易会社幹部  総経理/社長のこと 学生と様々ですが 思考回路 気配りというところでずれというのも若干も経験ありますが 一人ひとりの付き合いでは 優しさ 親切 冗談感覚 そう変わるものではありません。きちんと向き合うということが互いの理解を深めるということだと思います。あ、うんの関係では氷はとけないでしょう。島国と大陸の人の感覚の差ってあります。

ところで そんな友達から・・・・物をもらっているからといって友好していると言いたいわけではありませんよ。

西安の友達から---と名の有る西安の書家の作品とか留学生として来日した折にお土産にいただいた

--松の上に月が上り それが石のくぼんだ泉に映っている・・・・そんなような情景を表現した漢詩 
                              510*900
e0275537_2059166.jpg

これは南通市から来日した留学生からのお土産です
e0275537_1943165.jpg


成都の友達から送ってくれた「松茸」
友達は日本人が食べる松茸をしらなかったらしく 私が中国に干し松茸がありますか 生の松茸は個人では検疫があるから送れない だからもし干し松茸というのがあるのなら 手に入れたいという願いに対して 成都で「松茸」の名前のついた商品を探して旅行で来日したおり 持参してくれ 東京から送ってくれました。
それは日本ではアガリスクと呼ばれる抗ガン治療として効果があるとして売られているキノコでした。
私の希望に沿うように努力してくれた友達に感謝した。とてもうれしく思いました。
e0275537_2111735.jpg

・・・実際にマツタケの干した商品はあるのだそうです。ただ中国ではマイナーなのか一部の高級レストランでしか料理として出てないようです。


成都のIТエンジニアの友人がが初めてトヨタに出張してきた折 御嶽山麓の温泉に招待しました。帰りに妻籠に立ち寄りました。別の日に自宅に招いたところ 同僚を連れてきてくれました。感想は日本の家はどこでも座れるからいいというコメントでした。中国では土足が基本なんでしょうか。下足入れというのがないのでしょう。
彼は帰国後 替わりに来日した友人が小さんからの土産だといって「姫松茸」とか四川省の惣菜のような食べ物を持ってきてくれました。

左の趙さんは英語も堪能 右が小さん 成都在住 彼はキリスト信者で今回のデモを批判してました。彼らの多くは生活に不満のもっている人だと。信仰を持っている人は平和を祈っているとも。------
我が家にて
e0275537_9525812.jpg


福建省福州の友人 高さんから送ってきた印鑑と三国志-赤壁の戦いを記した漢文 1200*770
英語堪能 最近までオーストラリアに留学してた 元医師の友人から届いた物です。 
e0275537_9534556.jpg

e0275537_954770.jpg

今日 彼とMSNで話をしました。共産党一党への批判 日本への理解を国民に深める努力の必要性 日本人がかつての好戦的な民族でないことを知ることも大事であり これからも友として付き合うことの大切さと
中国が大人としての対応を大国としても学ぶべきだとも話をしてくれました。かつて日本の知識人は中国を師と仰いできたことが近年政権の変動で国民性がかわってしまったという嘆きはあるけれどもいずれゆっくりかもしれないが中国は多くの人民の幸福のため政治体制も徐々に変わることになると思うとのべさせていただいた。彼の日本人の友人の一人として意見をまっすぐに発言することがそのまま彼に伝わる。偉そうな言い方と思われますが一個人として率直なことばで気持ちを言い表すことがいいと思います。


謝謝你,說了 這麼多 中國知識份子和日本知識份子 想說的話。 ・・・・彼からの礼のコメント


.









.
by zou337 | 2012-10-02 09:18 | Comments(0)
<< 東京にて 夏野菜を描く----君を待つ時間 >>