「私の音羽川」 Ⅰ・・・・

「私の音羽川」                          
               
                           


緑深き山の大地から      
出ずる滴のせせらぎは
慈しみの清い一筋の      
宿場の町をすり抜けて
きらりの里からさらさらと
モズの鳴き声こだました


早苗映える山里で
あの日のあなたの
ショートヘアーの黒髪に            
舞い散る花のいとしさよ
桜並木の御油の堤にて
ほんのり甘い香りした


あなたと歩く堤にて
川面流れる風もしっとりと
二人を包んだ昼下がり             
淵にカワセミ見つけたよ
白い人差し指がまぶしくて
山車のお囃子 風の中


音羽の流れはいつまでも
清く恵み豊かな流れにて
あなたの想い出積み重ね             
稲穂に彼岸花 午後の散歩道
今日も明日もこの流れ
御津の海へ想いはせる 
             
    






中学校の幹事会の宴席で 音羽川をテーマにした歌詞を
募集しているので どうか・・・・
そんなわけで ・・・・・・・・・・。










.
[PR]
by zou337 | 2013-10-29 21:35 | 作詩をしてみる--下手だけど | Comments(0)
<< 「私の音羽川  Ⅱ ・・・・ 国語力 読解力  筆心 >>