人気ブログランキング |

幡豆にて

義理の弟夫婦が形原温泉に泊まるということで この日の昼ごはんを一緒に幡豆のホテルで・・・・
義弟夫婦は空港から直行ということで現地集合。
天気もよくドライブ日和ではありましたが 風は強く 戸外で過ごすには辛い日でした。

お目当てのランチを済ませてめいめい入浴する。
浴室の窓からは三河湾の海が広がっており眺めはすこぶる良い。三河の海もなかなかきれいです。
室内のインテリアデザインは30年前あたりの雰囲気そのままでまあこんなものか・・・・と妙に納得。
客が少ないのか二つある浴槽のぬるめのほうは水とお湯が混在しているような・・・・熱めの浴槽は42度程度はある。首までつかって眺める外の景色は対岸の景色である。


レストランからの視界もなかなかのものです。港と幡豆の町が山間に広がっています。


新緑にはまだ少し日数が足らないようで山の緑もまだまだ。竹藪と褐色の山の木々がゆったりとしている様は
三河山地の端部に広がる山々で 海まで続いています
町の家々はほとんどが瓦葺きでぎっしりと平地を埋め尽くしているかのようです。

ボールペン&顔彩
e0275537_15352472.jpg

俯瞰するスケッチは要素が多いので描くのもそこそこ時間がかかる。遠近を出すのにもなかなかである。
構図としては 山の重なりと町のたたずまいがポイントというべきか・・・・。
とかく風景というのは構図で決まることが多い。描いてみようかと思うのはほとんど構図如何である。















.














.
by zou337 | 2014-03-21 18:22 | 気ままにスケッチ | Comments(0)
<< 庭の山菜を食して春の味 RC打ち放し外壁の保守管理 >>