カテゴリ:**( 3 )

続春の味・・・・・山菜サラダ

妻は実家に里帰り、昼ごはんは一人飯。
夫婦だけの生活となって数年経つので夫婦めいめいの時間が多くなって決して珍しいことではないのだが。ワンパターンにならないように工夫して「孤独」を楽しむことにしている。

今日は 身近な山菜を摘んで サラダを作って昼ごはんとした。

コゴミ 山ウド ギボウシを一度に湯がいて皿に盛り付けてみる。
それぞれに風味と食感に個性がある。ショキショキ シャキシャキ させるには長く湯がかないことである。
水気をしっかり絞り 切り方にも少し趣向を施すのも大事なことだ。

コゴミ 山ウドにはマヨネーズ添え キボウシには鰹節を削ってまぶしてみた。
筍は道の駅で手に入れた土の中から掘り出したものらしく赤ちゃん筍を湯がいたものを冷蔵庫で保管してたものを千切りとしている。

イカの塩辛は先だって義弟が博多から空輸・・・土産として持参ではあるが・・・・してもらったものを口直し?のつもりで添えてある。山菜ばかりでは さすがに味覚も単調かと思い 動物性たんぱく質を付け加えた。
e0275537_10294585.jpg



春の初老のボケ防止? 30分足らずの脳エクササイズ・・・のつもり。
それで裏庭で満開の木瓜の花を添えてある。 
















.
[PR]
by zou337 | 2014-04-04 11:30 | ** | Comments(0)

庭の山菜を食して春の味

めっきり春めいて 庭の様相も日に日に新緑の色あいが増えつつあります。
e0275537_8435862.jpg

シロモジ リョウブ コブシ ハウチワカエデ アオダモ ヒメシャラ コナラ ウケザキオオヤマレンゲ・・・・・好きな木を植えてきました。ヤマモミジ モッコク コナラは実生です

足元の芽吹きも盛んでにぎやか。
その中の山菜として食されるものを摘み取って天ぷら おひたしにして春の味を楽しみました。
上からギボウシ コゴミ ノカンゾウ 山ウド イカリソウ
e0275537_8231354.jpg

ギボウシ コゴミ ノカンゾウは湯がいて食しますが癖のない淡白で食べやすい味です。
山ウドは癖があって独特の風味が持ち味で 湯がいてよし 天ぷらとしても絶品です。タラの芽と一緒に食べました。
イカリソウは花が見事だったのでつい載せてしまいました。坂内村の林道で10年ほど前に移植して毎年楽しませてくれます。中国では根っこを精力剤として漢方の一つにあげられています。リゲインというの飲み物がありますが成分として謳ってありますね。この種は冬でも葉が茂っていますから品種としてはトキワイカリソウですね。























.
[PR]
by zou337 | 2014-04-03 08:23 | ** | Comments(0)

RC打ち放し外壁の保守管理

平成元年に完成した我がアトリエも25年経過して、コンクリート外壁の打ち放し仕上げも風雨に晒され全体に黒ずんできて 汚れが目立つようになった。

これまで アクアシールという撥水剤を購入して 数回自分で塗布してきたものの 近年は怠けてしまったので特に雨の日にの外観はずぶ濡れの様相で哀れに思えるようになった。

そんな思いから最近 通販で高圧洗浄機なるものを購入した。 塀を手始めに 表面の洗浄にとりかかった。
10mの細い延長ホースが付属しているので まあまあ取り回しには都合がよい。
この程度の長さのホースぐらい標準として付録であってあたりまえだと思うのだが
通販会社はわが社だけとアピールして まんまとそれに食いついてしまった。

水道圧40倍という謳い文句の高圧洗浄水は見事に コンクリート面の打ち放しの本来の質感に近づくもののさすがに 竣工時の時のような灰白の輝く滑らかな打ち放し仕上げというわけにはいかない。
とりわけパラペット付近 庇廻りの風化はざらざらしててなんとかしなければという気にもなる。

e0275537_8312375.jpg


周囲の洗濯物の干してあるか否か 確認しながら なるべく 雨天の日に 雨合羽を着込んで作業する。
二階部分から洗浄するのが真っ当ではあるが 手が届く一階部分からしたので 二階部分を洗浄したとき また一階部分の表面を洗わなければならない。
手持ちの二連アルミハシゴを掛けてはの作業は結構疲れる・・・・。 時々 跳ね返りの飛沫を浴びてしまう。
e0275537_1094199.jpg

他人に頼めば 人工の費用 足場の費用と馬鹿にならない金額となる。自分でせっせと根気よくすればよいだけの話だ。
e0275537_8333413.jpg


みるみるコンクリート表面がきれいになる様は 一種の快感でもある。掃除する喜びはこんなものかもしれない。
しかしながら つくづく思うのは 我が国における建物の設計で 軒を出すということは外壁の保護と防水の面で不可欠ではなかろうかと思う。
我がアトリエはコスト都合で四角い箱としたけれども 軒がない屋根デザインというのはあまり薦められない、できうる限り深い軒か庇を設けたほうが 建物の寿命 維持管理においては好ましい。
少しでも庇的なものがあれば外壁の劣化に対してはかなりの効果がある。下の写真のようにその差が理解できる。
e0275537_1010731.jpg


洗浄後 正面
e0275537_782517.jpg

北側 背面
e0275537_1637929.jpg
いずれは 二階部分の外壁仕上げを左官仕上げか遮熱塗装かに替えてみたい。
コンクリート打ち放しの上に白い箱を乗せた様な外観になるが それがいいかどうか・・・・思案のしどころである。明るくなるという期待はもてるのは間違いないがデザイン上成功するかどうかは実際のところ少し不安もある。




まずは再度撥水剤を塗布・・・・知り合いの塗装会社の協力を得てさっそく一斗缶を手に入れることができた。
3/22 午前中の二時間で一階部分の躯体をローラーで塗り上げた。勢いで塀も・・・・。
試験的に放水してみれば見事に水滴となって跳ね返してくれる、しばらくこれで雨天の日もカラリとした外観となるに違いない。


















.













.
[PR]
by zou337 | 2014-03-20 08:33 | ** | Comments(0)