捨てられないもの 3

捨てられないもの というよりは大切にしている物というほうが正しいですね
結婚して間もない頃 幼馴染のS君から 車庫とそれに付属した夫婦寝室の設計を頼まれました。
彼の庭先にあったこの徳利が目に入り ほしければあげるというご好意に甘えて
もらってきたものであります。35年近く前のことでしたが 大事にしていて玄関先に鎮座しています。

何も字が書いてないので気に入っています
e0275537_82915.jpg

[PR]
# by zou337 | 2012-04-27 08:29 | Comments(0)

捨てられない物 2

ついでにもう一品
学生時代から 愛用しているピッケル。

当時 門田というメーカーが札幌にあった。現在 もうつぶれてしまった。
名前は サクセス ネーミングがいいから取ってあるわけではなく
自分の雪山での命を守るための相棒でしたから。
近年はもう背中のザックに掛けることもなく 手に持つこともなくなってしまい
もっぱら壁の飾り物にさせてしまった。

木製シャフトの色も飴色に輝き それでもいつでもスタンバイしている。
e0275537_7233434.jpg

[PR]
# by zou337 | 2012-04-27 07:23 | Comments(0)

捨てられない物

中学3年の夏 美術の課題で造った魚をモチーフにしたオブジェです。
未だに大切にしている・・・私の作品  です。
吊っていた釣り糸が切れたので 新たに付け直しました。


材料は加工しやすい朴の木の板 一人に一枚ずつ渡され持ち帰った。
それを二つにカットして 二つ作品を作ってみた。
アイデアがふたつ浮かんだというのがその理由で 先生の評価を上げようというそんな理由はなかった。
1. 透かして彫る  魚で体が透かしているというのはありえないが だから面白いのでは・・と。
2. 普通に しかし 平面的に彫るのではなく 立体的になるように大きく上下に角度をつけて。
火であぶって全体的に焦げさせて黒っぽく・・・・
最後にこれらの魚にビー玉の目を入れ完成。これで光沢を発するオブジェとなる。

場所を替えて 飾っています。
e0275537_7144897.jpg
e0275537_7143873.jpg

[PR]
# by zou337 | 2012-04-27 07:15 | Comments(0)

TV台とTEL台をつくりました

Aさんご夫婦が数年間の転勤から戻られ かつて私が設計したご自宅に住まわれるようになり、家具をご注文してくださりました。
部屋の隅に置くテレビ台ということでテレビの大きさ 可動する角度を確認してのデザインとなりました。当然ではありますけれども。。
e0275537_15291365.jpg

電話台は角がカットしてあり 子供がぶつかってもけがをしないようにしました。
素材は 楢とブラックウオールナットでデザイン。二つの素材を使用する場合のデザインは難しい。
e0275537_1529279.jpg


今回は引出 扉に金物の摘みをつけてみました。この摘みの選択も間違えると台無しになることも。
別の木で--黒檀とか特別に作ることもいいかもしれません。
塗装は木の色合いがそのままでるように クリヤーで済ませてあります。
[PR]
# by zou337 | 2012-04-24 15:34 | Comments(0)

気分転換は水泳で--僕の健康法

気分転換は 親しき人たちと逢うことが一番と・・・・手頃なのがジムと水泳です。水着になって水に親しみ シャワーを浴びて・・さっぱりして。・・・・ビールはのみませんよ(^_-)。
水泳はこれまで20年通っていますが 遊泳だけにとどめています。
競泳を視野にいれますと速さが関心事になって気分転換ではなくなります。ただ 悠然と遅くてもいいから泳ぐのがいいのです・・なじみの異性・・後期高齢者のおばさまとかいささかきついけれど明るいお姉さまとか・・常にプールメイトとして・・・もちろん男性も・・・。お医者さん レントゲン技師 元自衛隊員 現役教師 まあいろいろな方がいらっしゃいます。大半は男性なら現役引退された先輩諸氏そんな人々との他愛もない会話やいつものあいさつでほっとします。
コミュニケーションのよし悪しは脳に影響しますからなるべく会話はしたほうがいいと思っています。
会話でことばを選ぶことは 脳の運動の一つですから。


健康というのは 物理的な肉体の健康 心の健康 脳の健康 この3つが健全でありたいと願っています。
ポジティブに日々を暮らすこと つらい日もあれば楽しい日もありますし これが人生と。!(^^)! 韓国ドラマである老婦人の何気ないセリフ・・「人生長く生きていればいろんなことがあるもんだよ」普通では考えられないような不幸を背負って生きている若き主人公の女性に発した慰みのことばです。平易なそのことばにとても癒されるような また 励みの言葉だなと思います。


体型の維持はエコライフ・・20年前、30年前のブレザーもセーターもカッターシャツ・ズボン/パンツ 今でも着用しています。しかしお腹の周りをもう少し絞らないといけません

おなじみ  クロール泳法です。長く泳ぐにはこれが一番でしよう。 
元国体選手だった…韓国が日本の統治されている頃らしい・・そうです、彼は現在80歳。別のクラブで顔なじみになり彼の泳ぐフォームをサウナから観察したのです・・・それ以来クロールのお師匠さんとしての存在です・・・同じ今のクラブに移ってからでもH氏のフォームがお手本です。彼のほうが早いです(ー_ー)!!
夢中だったころは20分もかからず1000メートル泳ぎ続けましたが一旦怠けると根気が続きません。一キロは減量します。ただ楽に泳ぐことを覚えてしまいますから有酸素運動にはいいけれどカロリー消費とすればジムのほうが数値化されますのでもっぱら気分転換として最近は割り切っています。←単に怠けているだけのこと(^_-)

e0275537_1238516.jpg



日本人が考案したと聞いているバタフライ泳法 結構好きな泳法です。あまりしぶきを立てずに泳ぐことに心がけています。この泳法 実は初めそんなに覚える気がなかったのですが ある日60歳を超えておられるとおぼしき女性がしきりと溺れそうな感じで真剣に練習をしている光景を目にしました。18年以上昔のことですがそれでこれではいけないとこの泳法を覚えました。そのことを後日その女性にお話ししましたらお友達と一緒に2度もうなぎ料理をごちそうしてくださいました。人をほめることはいいことだと思いましたがそれ以上に彼女の前向きな姿勢に反省したことが大切だと思っています。その彼女はそれから数年後他界されたことをその友達から伺いなんともさみしい気持ちになったものです。今でもこの泳法を覚えられたのは彼女のおかげと思っています。泳法は当時同じクラブで泳がれておられた市内のウナギ料理店のご主人でした。親切に基本のリズムを教えてくれたことを覚えています。トン トン ・・手と足との動きは覚えれば・・・。
豪快で気分爽快 このうえない・・・・ですよ

e0275537_12394177.jpg

e0275537_1241232.jpg
















.
[PR]
# by zou337 | 2012-04-21 07:21 | Comments(0)

リフォームの心

私的リフォーム心がけ

私の家の離れ---納屋を改修
2011年1月珍しく雪が積もった朝
e0275537_1851491.jpg




目的意識を明確にして何をどうするか どうしたいか 何が問題なのか・・・
きちんと整理して明確にすることがリフォームの大切なところではないでしょうか。

まっすぐに 自分に正直に、何にどれほどのお金を費やすか
その効果 価値をイメージしてみることができればスタートです。


何点か留意すべきポイントをまとめてみます

・ 残すべき古い物 習慣 改善したい習慣 物を整理する

・ 材料をただ別の物にすげ替えるだけではつまらない

・ 平面をながめて 改善する箇所を発見する

・ 素材はこれまでのものより新鮮さがないと楽しくない

 
・ 機器類はよく調べる 性能 価格 機能 より上等なものにしたい

・ 建築も大切だけれど同等にそれ以上に家具の質も大事 
  インテリアに合う家具のデザイン 質感にも 配慮しておきたい。

・ リフォームの機会に他の部分も改善すべきところがないか
  工事の間に同時に改良したいところを考える




どうでしょうか

決心がつけば まず始めてみましょう 身の回りからリフレッシュすれば気持ちも若返ります。









.
[PR]
# by zou337 | 2011-12-18 10:35 | リフォーム | Comments(0)

首里城

一度見ておきたいと思ってた琉球の遺産です。思わぬ招待で訪れる機会がありました。文化遺産に触れると 琉球王朝は日本ではないと感じましたが・・。沖縄が日本から独立するといったら・・

e0275537_18123927.jpg

外壁の赤は漆で塗られているとか 赤の色彩に特別に意味はありません・・というスタッフのご説明
首里城の他 沖縄の出城の城壁の曲線には独特の優美さがあります
e0275537_18225415.jpg

改修した建築  木材は槇の木とか ヒノキや杉はこの付近の山にはないですから 建材に利用できるような槇の木が島に自生しているのかどうかは確認しませんでした
e0275537_18133424.jpg

e0275537_18135480.jpg

王様は中国の影響からかここも龍です。ちなみに朝鮮王朝も龍です
国によって龍のかたちに差があるのかどうかはわかりませんが
e0275537_18143283.jpg
e0275537_1815226.jpg

広場は色分けされているのは宦官とかそういう役人の整列する際の条規にしてたとか なるほど
e0275537_1817540.jpg
e0275537_18174325.jpg

石垣は日本の城壁とは違い 隙間がありません。施工技術の高さに感嘆しました
e0275537_18181677.jpg
e0275537_1819190.jpg

丁度民族舞踊の時間に遭遇 細かな衣装に琉球の形を感じます
e0275537_18203771.jpg

[PR]
# by zou337 | 2011-11-15 18:04 | カメラ片手に | Comments(0)

高見の家

2011年
家相100点の家としてほめられました。
クライアントのSさんのこだわりは家相でした。
 趣味はビンテージカーでオープンのスポーツカーを二台お持ちでこのためのフローリング張りの車庫がご自慢となりました。
水回りはご夫人のご希望で動線に工夫があり管理しやすさと通風の良さを実現できました。
平凡な切妻の屋根と珪藻土の外壁はやさしく 住宅街に静かにたたずんでいます。
e0275537_19554475.jpg

e0275537_9512100.jpg
e0275537_951947.jpg
e0275537_951356.jpg
e0275537_9514348.jpg

厨房 勝手口/北側と南側への出入り口は一直線で動線  風通しを配慮した結果
e0275537_12143977.jpg

玄関  コンクリート壁と木造壁の暑さを利用して小さなニッチを設けた
玄関になにかしら飾る部分があってほしいということから・・・
開口部の半分はルーバーとし 道からの風を引き込み 二階へと通風を促している
e0275537_107214.jpg

車庫の扉は三枚戸・・・車庫の床はフローリング
e0275537_1211830.jpg

[PR]
# by zou337 | 2011-09-30 09:49 | 個人住宅・平成~  | Comments(0)

Тさん家のリフォーム

Тさんのお宅は木造二階建てで広い敷地に建っておられます。
ハウスメーカーのお家で゛すが在来工法でできています。
Тさんとのお付き合いは塀と車庫の整備からでした。
工事はご自宅のリフォームをなされる10数年前でここにある写真はちょっと前に塀の改修と
車庫のお化粧直ししたときのものです。
粋な黒塀としてあります・・・ 最初も木の板塀でしたが 以前より長持ちするように心がけました。
e0275537_12272079.jpg
e0275537_1227339.jpg
e0275537_12275332.jpg
e0275537_1228178.jpg

e0275537_12281433.jpg

車庫はその塀と連動するかのように・・・・

ご自宅のリフォームは家の中を主に手を加えることになりました。
床 壁 天井の仕上げは自然素材とすること
生活動線と水廻りの改修 浴室 厨房 洗面・脱衣室 トイレを見直しました。
浴室は今までが寒く窓からの冷気を防ぐことにありました。
壁はタイルという奥様のこだわりでタイル仕様の選択肢が可能なイナックスとなりました。
白いタイルはとても明るいです。窓は二重サッシとしました。

玄関は壁と天井に手を加えています。
天井は和風の竿縁でそのままでは・・と思いましたので着色して目先だけの変化ではありましたが
なんとか和風そのものの雰囲気を緩和できたのかな・・・
e0275537_14471271.jpg


取次から東側を見通すと 廊下の先には小さなカウンターがあり 
床の間のようなアイキャッチ効果を狙っています。邪魔になったら取り外せるようにしました。
e0275537_1448381.jpg

今の廊下の真ん中に元は洗面・脱衣室があって通風と生活動線に問題がありました。
ここを取り払うと廊下の幅は1間ありますから収納家具を壁に沿って据え置き、
洗面・脱衣室の出入りに従来使用されていた建具をそのまま再利用とします。
建具も二枚となれば新調しても万の費用がかかります。今有るものをどうするか・・・・。
捨てるのは簡単ですが物として使えるものはなるべく再利用しましょう。
e0275537_12531938.jpg

居間と食事室の境は今まで通り3枚引き込み戸ですが 明るく軽い建具としてみました。
e0275537_1254149.jpg

e0275537_1535081.jpg

居間の南側は出窓になっていて床の部分が痛んでいたので 白いタイルの残材で張って
なんとか恰好をつけました。レース越に柔らかな日差しが入り 猫ちゃんの至福の場所のようです。
カメラを向けても逃げないのですから・・・・猫ちゃんのまなざしがありがとう言ってくれてるようでした
e0275537_10203686.jpg

以前L型の対面式のカウンターは今回は独立した厨房としてあります。
カウンターの角を回り込んでのサービス動線はとてもわずらわしいものですから
今回は単純な動線なりました。これで動きが最小限になって楽になりました。 
背面の機器類の収納もつくってみました。
一直線上に勝手口を用意したのは風遠しと動線上の配慮・・元倉庫にあったドアは
通風ドアなので外してこちらに付け直しました。まっすぐに風が食事室まで届きます。
イメージではありますが たぶんいいと思います。
e0275537_1391764.jpg

食事室の東側は腰窓を掃き出しサッシにしています。
風通しもさることながらサッシの前には物を置かなくなりますのでさっぱりします。
光もいっぱい入ってくるでしょう。ここからデッキにでられます。いつかデッキを大きくして
洗濯干場に変貌するかもしれません。リフォームをしながらいろいろとこうしたらいいかもとか
アイデアは限りがありませんが費用もついてまいりますから全てが一度に実現させるのは難しいです。
e0275537_12561341.jpg

勝手口のところに食器戸棚を作り付けました。天井までの大きなものです。
家具で作らなくても棚と建具があれば恰好つきます。安上がりでもあります。
ポリカボネート複層シートはなんとなく内部の品物がわかるから便利です。
割れないというのも安心です。地震の時は中の食器は飛び出すことはありません。
e0275537_1333139.jpg

洗面・脱衣室です
窓は床からのルーバーサッシとしてサイズも大きめにし 通風と採光に気を使っています
床はタイル貼りです。冬の間だけ敷物を敷きます。ガスコックをつけ、ガスファンヒーターが
使えるようになっています
e0275537_133722.jpg

洗面・脱衣室専用の家具は下からいろいろな物を収納できるように予め間違いのないように・・・慎重にしたつもりですが使い勝手のほうはその後いかがでしょうか。いろいろ工夫されて家族で
一つ一つ決められていかれるでしょう。何段目の引出は・・・上から何番目の棚はバスタオル・・・とか
e0275537_1334548.jpg


e0275537_1342129.jpg

トイレはカウンターを付け なるべく広くなるように。背面の壁には小物飾り棚をつけました。
e0275537_324555.jpg


便所の建具は片引きですが 下に猫ちゃん専用戸があります・・・
e0275537_13213719.jpg

家具
楢でダイニングテーブルを作りました。市販の同サイズのタイプと金額を近づけるのも大事です。
e0275537_1322322.jpg

パソコンテーブルです
e0275537_13221891.jpg

[PR]
# by zou337 | 2011-09-05 13:15 | リフォーム | Comments(0)

純白の花は どれも清楚で香は上品で・・・

白蓮
某女流日本画家が鑑真和尚が持ち込んだハスの流れをくんでいると言われて・・・半信半疑ではあるものの白蓮の花が欲しかったもので・・・・・まあまあ買うことにしました。鉢ごとで買い 鉢を別の大きなものに移して
毎年楽しみが増えました。すごく上品な匂いなのでうっとりしてしまうのです。
e0275537_1773814.jpg

山芍薬 確か馬篭の売店で苗を買ってきたものだった 
これが自生しているのは石灰岩質の山塊である。
滋賀県鈴鹿の山 琵琶湖東の横山岳 中腹に白い花を見つけると・・・素直に嬉しい。
e0275537_17132753.jpg

オオヤマレンゲ 伊那の店で苗木を見つけて咲いたのは3年後 以後毎年8つぐらいは咲いてくれる
匂いは格別--この花はある程度の標高の山に生えています。中部地方では木曽 近畿でも群生地がありまして我が家の庭で咲いてくれるのは本当に嬉しいのです。うつむき加減に純白の花の風情は手放しで絶賛してしまいます。
e0275537_17163383.jpg
e0275537_17151088.jpg

ウケザキオオヤマレンゲ 葉が朴ノ木の系統なのか大きいです。花は上を向いて咲きます。
e0275537_17212195.jpg

[PR]
# by zou337 | 2011-07-10 17:16 | Comments(0)

I邸のリフォーム

某ハウスメーカーの大きなお宅のリフォームです
ハウスメーカーの構造 下地はメーカーによっていろいろ工夫がなされ  それらのことをまず知ることから始めました。天井はパネルが一体になっているようで施工にアイデアがあって興味深かったです。
壁の下地も寸法がメーカー仕様で普通の在来工法とは若干異なりました。
いろいろな意味でこうした知識は なるほどと思うことが多く 理解をするのに少し時間を要します。作業の効率化、単純化 コストの原価対策 といった視点でのアイデアが見えないところで工夫されています。
 

床------既存の上から無垢フローリング クルミ材
壁------クロス張りを剥がして左官仕上げ 漆喰
天井----同じようにクロス→ 塗装仕上
建具----取り替え
照明器具----取り替え
システムキッチン-----取り替え 3/11震災でやむなく別のメーカーになったこともあり
          ご夫人の気落ちが目に見えて同情してしまう。しかしながら 採用したのは
          グレードの高いタイプであったので物としては素晴らしい。 
家具-------室内を引き締める効果もあり テレビ台 下足入れ 収納家具 テーブルを7点ほどデザインして納品。ブラックウオールナット ブラックチェリー材を多用したせいもあり  いささかコストが突出してしまった。 
床煖房----灯油焚きを選択 居間 食事室 キッチン 洗面・脱衣室に敷設

居間1 テレビの配線をすべて家具の中にしまいこんですっきり。金物類をなくしたのはご夫人のご希望であり なおすっきりした感じとなりました。結果としてこのほうがよかったと思います。金物をつけると案外うまくいかないこともあり こうして無くしたほうが家具の全体のもっている雰囲気を壊さずにすみますね。
e0275537_639120.jpg

テーブルはどんなのが選ばれたのか楽しみです。あまり重たいようなテーブルはこのインテリアには合いそうにないでしょう。軽そうに見えて重く モダンな・・・そんなのはどうかしら。
e0275537_6393195.jpg

居間と食事室の境  引き込み式の三枚戸をデザイン ガラスは特殊の柄もの
e0275537_1235242.jpg


食事室から居間 テーブルは桜板 右は冷蔵庫隠しの楢材の幅広板・・縦に黒く見えるのはブラックウオールナットを挟んで一枚の板に仕立てています。
e0275537_6404727.jpg


玄関 ブラックウオールナットで作った下足入れ 玄関に落ち着きと品格を。ステンドグラスがエレガンスな雰囲気を演出しています。配色のいいステンドグラスをご夫人は手に入れられました。
e0275537_6411425.jpg

[PR]
# by zou337 | 2011-05-11 06:41 | リフォーム | Comments(0)

川に面した開放的な敷地でのびのびと--2世帯住宅

2010年
K様からの二度目のお仕事です。
太陽光発電の設置予定という条件がございましたので屋根は片流れとしました。
北側以外周囲は自然と畑が広がる立地なので申し分ありません。

外部空間は無駄なく使用できる工夫にこころがけています。

入札で思い切った金額で落札したとはいへ 気持ちよく 最後まできちんと仕事をしてくれた建設会社の尽力はとてもありがたく思いました。
工事する側で質の維持は重要であり 監理しているとはいえ双方の歯車がかみ合わないといい方向に行かないものです。

木造二階建て  述べ床面積 220㎡
屋根---ガルバリウム鋼板縦平葺き 片流れ
外壁---ガルバリウム鋼板角波+左官塗+吹き付け仕上げ
内装---床 無垢フローリング ア15 床煖房 壁--珪藻土塗 天井--杉板 EP他
設備---システムバス/TOTO  床煖房/灯油焚き
   システムキッチン/サンウエーブ  エコキュート--三菱
施工 ㈱丸中建設   
 
二世帯住宅の課題としては 親と子の生活で何を共有するかということです。
浴室 玄関 トイレ 家族によってご意見も変わりますが よくお互いに話あってもらいます。
ここでは 厨房 居間 食事室を別にしてあります。親専用の玄関はわずかではありますが
用意することにしました。
立地が川に沿っての土地 周囲は開放的なので通風は申し分ないです。 
e0275537_8143171.jpg

e0275537_1324645.jpg
e0275537_1333217.jpg


サッシは当初の契約時は単層柄が主でしたが 最近の複層ガラスの普及で逆にコスト高となることがわかりサッシ屋さんのご協力でほとんどのサッシのガラスが複層ガラスとなりました。とてもありがたいことでした。
e0275537_1136113.jpg

2012年夏撮影 生活感もでてまいりました
e0275537_13762.jpg

北西角から 北側の土地利用--カーポートと倉庫/高い塀を壁として利用
e0275537_15473343.jpg


家具が納入前なので さっぱりした室内となっています。
親世帯の居間と厨房 光庭は1間四方で通風に一役かっていて 西風を受け止めてよく風がはいるそうで
クーラーもいらないと喜ばれてました。
格子戸は前の家からの再利用です。青森ヒバで作成した今となっては贅沢な材料かもしれません。親世帯の小玄関に入るとこの格子戸が迎えてくれます。古い家の使える建具は大切にしたいところ。
照明器具はペンダント。高齢者が管理するには容易に手が届きやすいほうが親切と思うからです。
光源はなるべく近いほうが目が疲れにくいということもあります。多くの設計家は照明器具をスポットライトとか
天井埋め込め方式を採用しますが 高齢者にしてみれば光源が近く 管理しやすいほうがいいと思われます。
e0275537_14301914.jpg

子世帯の食事室から居間 客間 東西に広々しています。
e0275537_14302865.jpg

浴室はシステムバスに切り替えましたが洗面・脱衣室は原設計 オーダー家具で造りました。
e0275537_14301010.jpg

[PR]
# by zou337 | 2011-04-01 07:52 | 二世帯住宅 | Comments(0)

オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ 正確にはウケザキオオヤマレンゲ
e0275537_5594421.jpg


これが本来のオオヤマレンゲ 純白でうつむき加減に咲く まさに可憐な花 清楚です
花に鼻をくっつけて嗅ぐ・・・・もううっとりですから
たくさん咲くと 庭はこの匂いがふんわり漂います
e0275537_613254.jpg


e0275537_6244236.jpg

[PR]
# by zou337 | 2010-07-10 06:01 | Comments(0)

作手の隠れ家

2010年 新城市作手



三河の高原 作手の山奥に建てられた別荘です。もっと別荘らしくカジュアルで思い切ったデザインもよかったのかなという感想もありますが 斜面を造成し道路を作ってからのでの建設なのでいろいろ検討した結果
平地を作った上に建設としました。厨房と居室をすべて南面としましたので東西敷地いっぱいの建て方となっています。デザインを無理に派手にすることもなく ここはおとなしい意匠としました。

◇木造二階建て 145㎡
◇都市計画区域外 山間部
◇日本瓦葺き 外壁 左官仕上げ 外部開口部/木製ペアガラス+アルミサッシ
◇内装 床/ヒノキフローリングア15 壁/珪藻土塗り仕上 天井/桐フローリングア15 椹板
◇設備 井水 エコキュート/パナソニック 太陽光発電/2012施工 クリナップシステムキッチン


周囲は杉林 強風時に杉が倒れてこないかと心配ですが・・杉の葉が悩みの種です。でもこれを集めて薪ストーブの焚き付けに利用できます。

e0275537_9384724.jpg
e0275537_11202414.jpg

北側から玄関は保安上一本引きの木製戸にしました。
e0275537_11372567.jpg

e0275537_16425624.jpg

南側は緩い斜面になっている 山菜 タラの木が生え始めました
大きな階段は後日作られて 便利になりました。
e0275537_11374919.jpg

竣工当時の外観 
e0275537_13224521.jpg

外部木製戸は複層ガラス お客さんのお知り合いの建具屋さんががんばって作ってくれました。
もちろんレールはステンレスです。床はヒノキで床煖房はエコキュートを利用です。
中庭のデッキを挟んで対面にご主人の趣味の部屋を兼ねた寝室があります。
e0275537_936219.jpg

テーブルは欅の無垢で作りましたがインテリアの都合上渋く黒っぽい色でアクセントになっています。
e0275537_1138131.jpg

玄関です。照明器具の選択に悩みましたが あまり和風ですというデザインのものは嫌なのでモダンなものを。天井は居間同様 桐のフローリングア15を断熱を兼ねて張っています。
e0275537_11382038.jpg

玄関から居間に入る建具はご夫人が持っていらした蔵戸を利用しています。少し加工しましたがなかなか重量感があって存在感抜群です。
e0275537_933248.jpg
e0275537_9335364.jpg

洗面・脱衣室は廊下と浴室の間で外気に面していませんので 廊下と洗面・脱衣室の建具の腰部分は無双格子としました。効果はどれほどのものかはわかりませんが 床部分の通気にはときたいしています。
e0275537_951421.jpg


浴室の腰壁と床は伊豆石としました。伊豆方面の旅館に泊まるとよく見かける素材です。
e0275537_9361197.jpg


ご夫人のお部屋として和室が用意されています。特別に柱 梁を弁柄塗でというご要望で初めて塗ってみました。障子は上半分が可動で杉木立を望めます。
e0275537_9392536.jpg


2012年5月
e0275537_108512.jpg
e0275537_1085578.jpg
e0275537_1091351.jpg

[PR]
# by zou337 | 2010-05-11 11:39 | 別荘  | Comments(0)

中国 北京 イ和園 

新疆ウイグルの旅行の帰り道 北京に立ち寄りました。閉園直前二時間前でした。
西太后が愛した別荘。湖は人工で掘った土は裏山になっているとか。
彼女がここに費やした軍事予算は軍艦を買う金だった・・それで日本に負けた・・買っていたら日本は敗北 歴史は変わっていたかもしれませんね。日清戦争で負けてたら日露戦争もなかった??
e0275537_6111468.jpg

e0275537_5501753.jpg


回廊です 開口部の造形が面白いですね
e0275537_551716.jpg


回廊に飾られた絵 西遊記の絵柄もあります こういう絵をかいた絵師がいたんですね
e0275537_5515337.jpg

e0275537_5524489.jpg


e0275537_5541623.jpg

階段のディテール
e0275537_5561249.jpg
e0275537_5563343.jpg

ディテール
e0275537_5581822.jpg


屋根のディテール 棟瓦がありません
e0275537_559578.jpg


石船です  ここで宴会をしたらしい 外交接待の場だったとか 造形的には面白くない
e0275537_603010.jpg


世界遺産ではないですがご存じ「鳥の巣」スタジアム
e0275537_631655.jpg

[PR]
# by zou337 | 2009-06-18 19:11 | 中国一人旅あっちこっち | Comments(0)

北京街中にて

ウイークリーマンションからバス停に行く途中にあるドイツ人学校 カメラ向けたら
警備員が飛んで来て「あっち行け」 
e0275537_934373.jpg

地下鉄に乗って・・・オフィス街に こんなビルがいっぱい 東京よりきれいです
e0275537_9364248.jpg
e0275537_937259.jpg



CCTVビル どうやって作ったのだろう
e0275537_20543071.jpg



花火で焼けたCCTVの完成直前のビル 戒めのためにそのままなのか
e0275537_2054547.jpg


こんな姿で北京の中心街 というかビジネス街 ちょっと格好悪い この日
ベッドから起きて そのままのТシャツ。着替えるのを忘れてもう少し
いい服着ないと・・・ 向こうに見えるのはCCTVビル


友だちが買ったというマンションの契約書をもらうためにつきあう 不動産会社のロビーに
再開発計画の完成模型がドーンと展示されていた 大きいです 
 
e0275537_20503266.jpg


日本人の建築家が設計したとかしないとか・・・確認してない
 
e0275537_20512731.jpg

[PR]
# by zou337 | 2009-06-16 20:21 | 中国一人旅あっちこっち | Comments(0)

北京国際空港

北京国際空港は日本のODAのお金で建設され 完成後 民間会社として・・・なんだかなあ
でもきれいな空港です それに広い  空港と市街を結ぶ列車も素晴らしいですね。デザインも洗練されていて。
e0275537_2021418.jpg
e0275537_2022683.jpg
e0275537_203242.jpg

社内のインテリア・・・というか乗客の雰囲気です!(^^)!
e0275537_2051623.jpg

[PR]
# by zou337 | 2009-06-16 19:39 | 中国一人旅あっちこっち | Comments(0)

北京でおいしい料理

河北省出身の友人はJTB北京の社員です。
何年か前 面接の指導をしてめでたく入社したキャリアウーマンです。
もっともその前に別の旅行会社で経験を積んでいたから即戦力として
採用されたのだと思います。日本人の面接官が嫌う応対を教えました。
ウルムチから北京に戻る飛行機は北京空港が局地豪雨でしばらく着陸できず この日
内モンゴルの呼和浩特空港に臨時着陸し 結局北京についたのは3時間後てした。
3時間も待ちぼうけをさせてしまいましたが 空港で出迎えてくれ・・向こうが私を見つけてくれました。
この日 レストランでの食事です。占めて210元くらいだったかな。日本円で3000円前後でしょう。
立派なひろーーいレストランで 直径2mはある円卓で注文した料理です。全部おまかせでした。
大丈夫かとその費用を心配してくれましたが・・・・このぐらいのお金でもこっちでは というより普通の
中国人からすれば贅沢なのでしょう。

順不同です。一品一品出てまいります。専属の服務員がついてきます。温かい肉入りのスープは
小鉢に目の前で分けてだしてくれました。一人前の写真です。
e0275537_19434551.jpg
e0275537_1944572.jpg
e0275537_19442358.jpg
e0275537_1944345.jpg
e0275537_19444975.jpg


帰国の日 午前中時間があったので 何年か前 上海で設計事務所の紹介で通訳できた
R嬢がCCTVの近くの日系広告会社に勤務していたので連絡して会うことにしました。
超高層ビルの立ち並ぶビルの地下によく利用するらしいカジュアルレストランがあり
ここで待つことになりました。
e0275537_9394156.jpg

珈琲のメニューです。
中国ではコーヒーは贅沢 日本と変わりません 美式珈琲-アメリカンですね 美国/アメリカです
e0275537_940212.jpg

注文したのは カエルの肉を揚げた料理です。
e0275537_1953119.jpg

さつぱりしておいしい・・・・彼女曰く日本人はこれ食べない人が多いのよ・・・・とか
のたまわる。
「いや そうなの 日本だって 食用カエルというのがあって・・・・」
[PR]
# by zou337 | 2009-06-16 19:33 | 中国一人旅あっちこっち | Comments(0)

ウルムチ市内

トルファンから日帰りでウルムチに戻り 市内の屋内プールにでかけました。
連れのというかガイドの馬さんとその友達は道路で販売してた店でわざわざそのために水着を買ってまでつきあってくれ 恐縮。プールに入るには事前に皮膚疾患がないか裸足 半裸(^_^;)になって医師の検査が必要でした。これには感心してしまいました。

プールは50mと思われますが背の立たないところとそうでないところがあり大半は後者のところでめいめい勝手に泳いで・・・というより水遊び程度のような感じで水浴といったほうがいいでしょう。
こんなところで泳ぐなんてと言われそうですが・・・水着を持参してましたから中国のプールで泳ぐ・・・という体験をしてみたかったわけです。バタフライをすると誰もしませんから目立っていました。
プールの脇では仕切って水泳選手のようにメンバーが数人トレーニングをしてましたね。

馬さんは泳げないので手取り足取りというわけにはいきませんが・・・基本的な泳ぎを指導することになります。やはり若干手とか足に触れますので緊張しました。(^_^;)
e0275537_12554032.jpg

さすがにこういう場所ではこれ以上の写真はとれません。

夜店の時間は厳格らしく露天商の人々はこうして待機して路地にいるのです。
しかし暴動事件以後 夜店はなくなってしまったとのことで残念です。
e0275537_12573914.jpg

e0275537_1301747.jpg
e0275537_130661.jpg
e0275537_1311686.jpg
e0275537_131282.jpg
e0275537_1320342.jpg

ウイグル人専用の映画館とか
e0275537_135596.jpg

これは博物館 入館はただです。入るとすぐ日本人専用のガイド嬢がよってきました。事務的に説明してくれるので少し無視したところ悲しい顔をされたので素直に聞くことに。彼女は一生懸命です。
ここにかの有名な楼蘭の女の子のミイラが展示されています。
e0275537_13102191.jpg


最後の展示室は 地元の産品売り場にうまく誘導されまして・・・琥珀 玉石 さまざまな工芸品 やはり買いました。妻に琥珀のペンダント。・・・・帰国して喜んでくれなかったようで身につけていません。。。。('_')

夜店でウイグル人の民族衣装で着飾ったというかこれが普通かもしれませんがかわいい女の子を見つけました。カメラを向けると恥ずかしがって母親の陰に。おかあさんからごめんなさいと中国語でいってくれました。
e0275537_13221521.jpg

ウイグル人街区は当然ウイグル人ばかり  お巡りさんも。愛想がいいです。
e0275537_13322246.jpg
e0275537_13262038.jpg

この街区は金製品のお店が連立しています
e0275537_13334192.jpg

彼は国際バザールのお店の経営者 若くイケメンです。白人のような風貌です
e0275537_13164152.jpg

紅山公園にいってみます 高台からウルムチ市が望めます--新疆一の大都市です
e0275537_1371874.jpg

ウルムチの駅--なんと駅舞うの広場で中島美嘉の歌が流れていました こんなとこで日本語の歌が・・。 
e0275537_13383119.jpg

構内
e0275537_13375440.jpg

[PR]
# by zou337 | 2009-06-14 19:33 | 中国-新疆ウイグルの旅 一人旅 | Comments(0)

ボゴタ峰遠望

2009年6月
回族の馬嬢とその友達と三人で車で天池というウルムチから車で1時間半ぐらい山にはいったところの高地にある湖にでかけた。日本でいえば 上高地の大正池を何倍かにしたような観光地である。
その帰り道 天山山脈の最高峰であるボゴタ峰が雲から顔を覗かせていた。見えているうちに車の中で
走り描きした。
ボールペン パステル 5号
e0275537_17403363.jpg


















.
[PR]
# by zou337 | 2009-06-14 17:26 | 気ままにスケッチ | Comments(0)